体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カプセルホテルに思えない京都に誕生した「The Millennials Kyoto」がオシャレで快適すぎる件

smart pod

カプセルホテル、というと何をイメージしますか? 私は、狭い、安い、プライベート感がない、終電を逃したサラリーマンが仕方なく泊まる場所……といった、どちらかというとネガティブなイメージを抱いていました。

もちろん宿泊者同士、声を交わして仲良くなる機会なんてないでしょうし。

gaikan

ところが!「The Millennials Kyoto(ザ・ミレニアルズ キョウト)」を訪ねて、まあびっくり。場所は京都の繁華街ど真ん中とも言える、河原町三条。

1F

一人で使うには広すぎるほどのベッドはふかふかで快適、超充実のアメニティに館内着、水回りはキレイで使いやすく、ラウンジやキッチンはおしゃれで広々、24時間使えるコワーキングスペースや、会議室まで揃っている~!

bed
rouka

まずは個室へ。しかもこのベッド、動くんです。世界初の試みであるスマートポッドと呼ばれる個室で、スマホ端末(iPod Touch)を使って照明の明るさやリクライニングの調整が可能。

就寝時はベッドを倒してゆったりと空間を使えますし、朝になったらリクライニングを起こして部屋の鏡で身支度が完了できるという、なんとも合理的な仕様。

しかもスマホでアラーム設定すれば、音が出ることなくベッドがちょっとずつ自動で起き上がって「静かに」「ゆっくり」「強制的に」目覚めることができるという画期的な手法!(一気にベッドが起きる設定にすることもできます)

smartphone

たしかに、まだ寝ていたいのに隣のアラームの音で起こされるって、カプセルホテルのあるあるですよね。(家のベッドにも採用したい!と切実に思うも、一台の値段を聞いて即却下)。

connect

また、地味に嬉しいのが、たくさんあるコンセント。スマホもiPadもデジカメも同時に充電できるぞ〜。これだけではありません。+500円で、なんとフルスクリーンでの動画も楽しめるんです。

コンテンツは自分で用意する必要がありますが、Hulu、Netflix、dTV、Amazonプライム・ビデオなどに加入していれば無問題。旅の興奮で眠れなかったら、ふかふかのベッドと大画面で好きな映画を見まくればいい!

front

また、一般のカプセルホテルとは一線を画しているのが共有スペースです。

1 2次のページ
Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy