ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【DIY道場】空き缶で「ヴィンテージ風小物入れ」を作ろう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

雑貨屋で買うより断然おトク! 空き缶をリメイクして作るDIY超初級編の「ヴィンテージ風小物入れ」を作ってみたよ空き缶をリメイクしたヴィンテージ風小物入れに。100均ショップでも手に入るアクリル絵の具を使い、自由にペイントする。完成品は水にも強いので、テーブルや玄関で小物入れに使うも良し、キッチンの一角やベランダでプランターとして使ってもOK!

▶道具
・ハケ
・スポンジ
・紙ヤスリ

▶材料
・アクリル絵の具(白・黒・赤・こげ茶)・・・「適量
・シール(ヴィンテージ風)・・・2枚


▶下準備
・ふたを取った空き缶はよく洗って乾かし、縁でけがをしないように紙ヤスリをかけておく。
・アクリル絵の具は乾くと落ちにくいので、作業スペースには新聞紙やビニールを敷いておこう。

▶作り方
1.ヤスリをかけ、缶を塗る
缶の表面に軽くヤスリをかけてから、白い絵の具で下地を塗る。絵の具は水で溶かずに、缶の素材面が見えないようまんべんなく塗る。

2.二度塗りをする
一度塗り終えたら、少し乾かしてから二度塗りをし、よく乾かす。今回は1つを黒、もう1つは白で二度塗り。

3.フェイクのサビ加工をする
こげ茶の絵の具をスポンジの角に少量付け、缶の縁にポンポンと付けていく。塊で絵の具が付いてしまわないよう、一度に大量に付けず少しずつ付けていこう。

4.さらにフェイクのサビ加工をする
サビの色はこげ茶と赤を混ぜて調整し、テイストを変えてもGOOD。缶の凸凹部分や、つなぎ目にもサビペイントを施すとよりリアルに。2つともペイントしたら完成! シンプルに使いたいならこのままでOK。

5.ラベルを貼る
今回は100均で購入したヴィンテージ風シールを使用。貼り付ける前にシワを付けると風合いが増す。他にもインターネットで「ヴィンテージラベル」などで検索すると色々な画像が見つけられる。

6.完成
空き缶が男前グッズに変身! 散らかりがちな机の上の小物入れにしたり、インテリアグリーンと合わせたりしてみよう(底に穴を開ければプランターとしても使える)。

※「CHINTAI2017年1月19日号」の記事をWEB用に再編集し掲載したものです
※雑誌「CHINTAI」の最新号の特集は「街から選ぶ夏の100冊」。最新号はこちらから購入できます(毎月24日発売)
https://www.chintai.net/magazine/?news

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。