体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女子のヒッチハイクは危険?→ニュージーランドで経験した私が答えます!

生活・趣味
女子のヒッチハイクは危険?→ニュージーランドで経験した私が答えます!

みなさんヒッチハイクに興味はありますか?楽しそう、交通費が節約になるなど様々な理由があると思います。でも、特に女子は安全かどうか心配ですよね。

私は日本ではまだしたことがありませんが、ワーキングホリデーで訪れたオーストラリアとニュージーランドでヒッチハイクの経験があります!

この2つの国は比較的治安もよく、多くのバックパッカーがヒッチハイクをしています。その際の気をつけたことと、トラックに乗せて貰ったら珍しい見学が出来た話をお伝えしていきます!

 

1. 女子の私がヒッチハイクで気をつけていること

Photo by Yuki

やはり女子は、男子よりも気をつけて車に乗る必要があると思います!

・女の子らしい服装はしない
・出来るだけ女性ドライバーか仕事中っぽいトラクター
・止まってくれた車が不安だったら、「友達の車と間違えた!」などと言って断る。
・明るい時間に目的地につける予定で動く
・乗せてもらったら、会話の中で目的地に友人がいると伝える。

はじめての頃は、2人でやったり、男友達に一緒に立っててもらったりしました。また、駐車場などで自分から声をかける場合もあります。

話しかける勇気は必要ですが、安全性は高いと思います。そして基本的には4時間以内のほぼ1本道で、一度通ったことのある道でしか行いませんでした。

 

2. ニュージーランド ネーピアからタウポでヒッチハイクしてみた

Photo by Yuki

ニュージーランド北島の、港町ネーピアからトンガリロ山や天然温泉のあるタウポまで。行きはバスで、帰りはヒッチハイクに挑戦してみました!

ハイウェイに続く道まで行き、指を立てるもの数台止まってくれず。とりあえず腹ごしらえに近くのパン屋さんへ。その前にはトラックが何台もいて、おじさんたちが立ち話をしていました。

 

通りがけに「Hi!」とあいさつをすると、「Hi!元気?重そうな荷物持ってるねー!」とお返事が。パンを買ったらまだおじさんたちがいたので、「どこ行くの?」と話しかけてみました。

するとなんとタウポへ行くとのこと。「乗せてくれない?」と聞くと「木の伐採場とか寄らなくちゃだけど、それでもいいなら」とのこと。仕事中の人は通りすがりの車よりも安全だと思うので、お願いすることにしました!

 

3. ニュージーランド一広大な牧場を通り、木の伐採所へ

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会