ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ジュネーヴのおすすめ観光スポット25選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ジュネーヴのおすすめ観光スポット25選

皆さんは、スイスの都市・ジュネーヴに訪れた経験はございますか?

古き良きヨーロッパの街並みと、世界トップクラスの政治・学問の専門機関が集まるジュネーヴ。美術館には、有名な画家の絵画や彫刻などがあり、アート好きにもおすすめのスポットがたくさんあります。

そこで今回は、スイスの都市・ジュネーヴに行った際、訪れたい観光スポット25選をご紹介いたします。

 

1.国際連合ヨーロッパ本部

photo by shutterstock

国際連合ヨーロッパ本部は、もともとは国際連盟本部として建設された建物で、現在では国際連合ヨーロッパ本部の他に、世界保健機関や国際労働機関など多くの専門機関が入っています。館内はガイドツアーに参加すれば見学できるので、興味のある方はぜひ足を運んでみてくださいね。
■詳細情報
・名称:国際連合ヨーロッパ本部
・住所:Palais des Nations, 1211 Genève
・公式サイトURL:http://www.unog.ch/

 

2.アリアナ公園

william Andamさん(@bill_andam)がシェアした投稿 – 2017 7月 25 5:05午前 PDT

敷地面積はなんと45ヘクタール!広大な広さを誇るアリアナ公園は、国際連合ヨーロッパ本部が置かれるレマン湖畔にあり、市民の憩いの場として人気です。
■詳細情報
・名称:アリアナ公園
・住所:Avenue de la Paix 10, 1202 Genève

 

3.アリアナ美術館

photo by shutterstock

アリアナ美術館には、スイスをはじめ、ヨーロッパ・中近東・アジアなど、世界各国から集められた美術品が展示されています。特に陶磁器やガラス製品が有名で、外観はまるで宮殿のように美しいです。
■詳細情報
・名称:アリアナ美術館
・住所:Avenue de la Paix 10, 1202 Genève
・公式サイトURL:http://www.myswitzerland.com/ja/ariana-museum-genf.html

 

4.レマン湖

photo by shutterstock

三日月形をした、スイスで一番大きな湖・レマン湖。ジュネーヴ湖とも呼ばれ、湖の北側がスイス、南側がフランスと分かれています。ジュネーヴのシンボル的存在・大噴水からは、高さ140mもの水が噴き上がり、実に迫力があります。
■詳細情報
・名称:レマン湖
・公式サイトURL:http://www.myswitzerland.com/ja/lac-leman.html

 

5.イギリス公園

Melissa Barrosoさん(@melissa_barroso_)がシェアした投稿 – 2017 7月 23 11:57午前 PDT

ジュネーヴの代表的観光スポット・花時計があるイギリス公園。ここには、スイス連邦に加盟したことを記念して建てられた国家記念碑などもあり、いつも多くの地元民や観光客で賑わっています。夏には、観覧車や移動遊園地が設置されたり、無料のコンサートやショーが開催されたりとイベント盛りだくさんです。
■詳細情報
・名称:イギリス公園
・住所:Rues-Basses Longemalle, 1204 Geneve

 

6.モンブラン橋

photo by shutterstock

モンブラン橋は、1862年に建設されたレマン湖に架かる橋で、何度か再建を繰り返し現在の形へと至りました。ここからは、ジュネーヴを囲む壮大な山々、整った街並み、レマン湖の大噴水などが鑑賞できるため、写真スポットとしてもおすすめです。
■詳細情報
・名称:モンブラン橋
・住所:Pont du Mont-Blanc, Geneve

 

7.ルソー島

Brown Sさん(@brown_s_music)がシェアした投稿 – 2017 7月 21 3:05午前 PDT

ルソー島は、レマン湖から流れ出るローヌ川にある人口の小さな島です。ジュネーヴ出身だった哲学者「ジャン・ジャック・ルソー」にちなんでこのように名付けられました。島にはルソーの銅像が立っており、市民の憩いの場として親しまれています。
■詳細情報
・名称:ルソー島
・住所:Ile Rousseau, 1204 Geneve.

 

8.ジャン・ジャック・ルソーの生家

Joana Guimarãesさん(@x_uana)がシェアした投稿 – 2016 1月 8 11:54午前 PST

先ほどもご紹介した哲学者「ジャン・ジャック・ルソー」の博物館です。館内には彼に関する様々な資料が展示されており、日本語の音声ガイドもあるので、英語やフランス語が苦手という方も安心です。
■詳細情報
・名称:ジャン・ジャック・ルソーの生家
・住所:Grand-Rue 40, 1211 Geneve
・公式サイトURL:http://www.m-r-l.ch/

 

9.サン・ピエール大聖堂

bo0onbo0onさん(@bo0onbo0on)がシェアした投稿 – 2016 11月 10 10:10午前 PST

もともとはカトリック教会として、12世紀に建てられたサン・ピエール大聖堂。現在は宗教改革により、改革派(プロテスタント)教会となっています。この大聖堂の地下にはヨーロッパ最大の遺跡があり、考古学資料館となっているので、興味のある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょう?
■詳細情報
・名称:サン・ピエール大聖堂
・住所:Place du Bourg-de-Four 24, 1204 Genève
・公式サイトURL:http://www.saintpierre-geneve.ch/

 

10.宗教改革記念碑

Mark Verheijenさん(@mark.verheijen)がシェアした投稿 – 2015 7月 28 7:28午前 PDT

ジュネーヴ大学の創立者であるジャン・カルヴァンの生誕400年を記念して建てられた記念碑です。彼はプロテスタントの一派である改革派で、この記念碑には、ジャン・カルヴァンの他に、「ギヨーム・ファレル」、「テオドール・ド・ベーズ」、「ジョン・ノックス」という4人の宗教革命家の像が刻まれています。
■詳細情報
・名称:宗教改革記念碑
・住所:Prom. des Bastions 1, 1204 Genève

 

11.旧兵器庫

Kasiaさん(@guardafui)がシェアした投稿 – 2016 8月 23 11:10午前 PDT

もともとは15世紀に穀物貯蔵庫として造られた建物ですが、18世紀には兵器保管庫として利用されていました。現在は古文書館になっており、アーケードの中には以前まで使用されていた大砲が展示されています。周辺には市庁舎やジャン・ジャック・ルソーの生家があるので、合わせて観光するのがおすすめ。
■詳細情報
・名称:旧兵器庫
・住所:Rue du l’Hotel-de-Ville, Geneve

 

12.ブール・ド・フール広場

Nikolay Alekseevさん(@nicklava)がシェアした投稿 – 2015 11月 18 5:29午前 PST

旧市街の中心部にあり、カフェやギャラリーなどが立ち並ぶブール・ド・フール広場。春から夏にかけては、カフェのテラス席でくつろぐ人も多く、地元民や観光客で賑わう場所です。
■詳細情報
・名称:ブール・ド・フール広場
・住所:Place du Bourg-de-Four, 1204 Genève

 

13.美術歴史博物館

@ghada__aがシェアした投稿 – 2017 7月 29 4:26午前 PDT

こちらは、1910年に建てられたスイス最大の博物館で、館内は考古学、工芸、美術のように、部門ごとに分かれています。美術はヨーロッパ絵画が中心で、ピカソやモネなどの巨匠たちの作品が鑑賞できます。
■詳細情報
・名称:美術歴史博物館
・住所:Rue Charles-Galland 2, 1206 Genève
・公式サイトURL:http://www.myswitzerland.com/ja/art-history-museum.html

関連記事リンク(外部サイト)

クララは温泉で足を治したの?「アルプスの少女ハイジ」ゆかりの地まとめ
タリンのおすすめ観光スポット21選
心癒される国「スイス」の世界遺産を全10ヶ所(写真15枚)
マイナー好きにはたまらない!バルト三国ラトビアの魅力

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。