体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中野の「小さい音楽館」でオリジナルの馬の歌を聞かせてもらった【別視点ガイド】

f:id:matsuzawa7:20170720115627j:plain

先日、友人と雑談をしていたら、不思議なお店の話しをしてくれました。

そのお店は中野駅にあると言います。

職場の連中と飲み会をして、ほどよく酔った中野の夜。ハシゴをしようと適当にはいったお店でこころよく迎えてくれたママさん。

どこにでもあるカラオケスナックのようでもあるけれど、ママさんは幼いころに飼っていた馬との思い出をそれはもう熱心に語ってくれて、最後にオリジナルの馬の歌も歌ってくれたというのです。

オリジナルの馬の歌、絶対に聴いてみたい

f:id:matsuzawa7:20170720115217j:plain

「何年も前のことなので具体的な店名は覚えていないけど、中野のワールド会館に入ってるのは確か」との細い情報をもとに足を運んでみたら、それらしいお店がいくつもあります。

どのお店か分からない……。

f:id:matsuzawa7:20170720115338j:plain

途方にくれてビルをぐるぐるしていると「小さい音楽館」の看板がかかげられた扉の前で「ちょっと入って歌っていったら?」と優しげなママさんに声をかけられました。

直感的にこの人だ! と感じ、「もしかして馬の歌を歌ってくれますか?」と切りだしたところ「なぜそれを知ってるの!?」と驚かれました。

馬の歌のお店、本当に実在していたのです。

小学生のころに飼っていた馬との思い出

f:id:matsuzawa7:20170720140301j:plain

▲店主の中野壽美さん

店内はカウンター席とテーブルが2つ。

平日の昼どきでしたが、常連さんたちがカラオケを熱唱していて一体感があります。

「ママ、なんか飲んで」「ママが大好きだから来てるんだよ」「握手しよ」とママは大人気です。

数カ月ぶりに来店したと思われるお客さんに「忘れないでよく来たねえ」とママさん。お客さんは「忘れないよ! お馬の話とか聞かせてもらったし」と答えていました。

馬の話、いろんな人の心に刺さっているようです。

f:id:matsuzawa7:20170720143239j:plain

▲カラオケは1,300円、飲み放題にすると3,000円です

大音量でカラオケが流れるなか、店主の中野さんは馬との思い出を語ってくれました。

青森県津軽地方、岩木山のふもとで生まれ育った中野さん。

戦後間もない時代、家族のために1頭の馬が働いて暮らしを支えていました。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会