ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

映画『ロスト・バケーション』のコレット=セラ監督、ドウェイン・ジョンソン主演の映画『Jungle Cruise(原題)』の監督へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

映画『ロスト・バケーション』のジャウマ・コレット=セラ監督が、米ウォルト・ディズニーが運営するテーマパークの人気アトラクションを基にした映画『Jungle Cruise(原題)』の監督に決まった。主演はドウェイン・ジョンソン。プロットの詳細は不明だ。

J・D・ペインとパトリック・マッケイが脚本のドラフトを執筆した。ジョン・デイヴィスとジョン・フォックスが、デイヴィス・エンターテイメントを通じてプロデュースし、ボー・フリンが自身のフリンピクチャーズ・コーポレーションを通じてプロデュースするほか、ジョンソン、ダニー・ガルシア、ハイラム・ガルシアらがセブンバックス・プロダクションズを通じてプロデュースに加わる。

コレット=セラは映画『Suicide Squad 2(原題)』の監督に就任すると見られていたが、代わりにジョンソンが出演する本作の方を選んだ。

ジョンソンはいま、ハリウッドで最も忙しい俳優の1人だ。ニューライン・シネマ製作のアクション映画『Rampage(原題)』の撮影を終えたばかりで、すぐにレジェンダリーが手掛ける映画『Skyscraper(原題)』の準備に入っている。今のところ、本作は来年4月に制作を開始する予定だ。

一方のコレット=セラは、リーアム・ニーソン主演の映画『The Commuter(原題)』の制作を終えたばかりである。

スコット・シェルドンがフリンピクチャーズ・コーポレーション側で製作を統括する。コレット=セラの代理人は、CAA、マネジメント360、グレッチェン・ブリュッグマン・ラッシュ。ジョンソンはWMEと代理人契約を結び、ガルシア・オブ・ザ・ガルシア・カンパニーとマネジメント契約を結んでいる。

このニュースはDeadline Hollywoodが最初に報じた。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。