体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『小枝プレミアム<梅酒>』なめらかチョコに梅酒を合わせるという荒技、しかし絶品ハーモニーが生まれた!?

期間限定で発売された小枝プレミアム〈梅酒〉。お酒とチョコレートを組み合わせた商品は冬に発売されることが多いが、今回は蒸し暑い夏の季節限定商品。時期も珍しいが、そのうえチョコレートと合わせるには意外な「梅酒」をつかったという、なかなか画期的な製品だ。これは早速試してみねば! 

大人のリラックスタイム向けに誕生した珍しい梅酒入りチョコレート

 

森永製菓の大人向け小枝シリーズ「小枝プレミアム」は、2016年に発売されてから、「濃いチーズ味」、「大人の口どけ」、「芳醇ウイスキー」と商品化されている。

 
あわせて読みたい:ほぼチーズ!? 甘くないのが新鮮な『小枝PREMIUM<濃いチーズ味>』はワインのお供に最適なチョコレート

 

今回の『小枝プレミアム<梅酒>』(9本入り・参考価格税抜250円・2017年6月27日発売)は、ガナッシュ仕立ての梅酒入りチョコレートを、ビターチョコで包み込んだタイプ。サクサクとした食感が人気の「小枝」シリーズは子供まで楽しめる商品だが、『小枝プレミアム<梅酒>』では口どけの良いガナッシュが入っているので、どちらかというとクリーミーな商品。

パッケージはシンプルで中性的だが、やや女性向けなデザイン。「梅酒」と組み合わせたのが珍しい。なんでも今年1月に発売された「小枝プレミアム〈芳醇ウイスキー〉」は40代男性に好評で今までの顧客層とは異なる層に購入され、今回もそんな大人のリラックスタイム向けに小枝プレミアム〈梅酒〉を商品化したらしい。梅酒を使用したあたり、大人世代の女性向けだろうか。

注目は「ドライイチゴ」。梅酒とチョコレートだけだと和のテイストなのか洋なのか迷うところだが、ドライイチゴが入っていることで一気に洒落た洋菓子のイメージに。今回の『小枝プレミアム<梅酒>』は9月末までという暑い時期限定の商品ということが理由か、梅酒といい、ドライイチゴといい、爽やかな印象を与えられる。

 

1本で満足度高し!クリーミーなチョコと梅酒の香りで高級感を味わえる

早速開けると、梅酒というより「チェリーボンボン」の香り。よく嗅いでみると梅酒のにおいがしてくるが、やはり印象は外国の洋酒入りチョコレートの様なイメージだ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会