体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一生の思い出に!子連れキャンプを楽しむための極意【TABIZINE with Kids】

夏休みにしかできない体験を!子供の一生の思い出に残るキャンプをしよう!【TABIZINE with Kids】
子連れ旅行やお出かけ、家族や子どもにまつわる世界の話題を特集する夏休み特別企画【TABIZINE with Kids】。

いよいよ始まりました。子どもたちにとって待ちに待った夏休みです!
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

「子どもの頃の夏休みの思い出は?」と聞かれると、「家族で出かけたキャンプ」と答える人も少なくありません。そこで今回は、子連れキャンプをテーマに、家族でキャンプを楽しむための極意をまとめてみました!

子育て世代のレジャーにピッタリ!キャンプのメリット

夏休みにしかできない体験を!子供の一生の思い出に残るキャンプをしよう!【TABIZINE with Kids】
キャンプは「スイッチひとつで完了!」という生活からかけ離れた、非効率で不自由で苦労だらけの体験です。大げさかもしれませんが、原始的な生活の体験を通して、今ある生活の豊かさや、生きることそのものの尊さを感じる機会にもなります。

また、デジタル・デトックスができるのも、キャンプの大きなメリットです。最近の子どもはデジタル・ネイティブとも呼ばれ、生まれたときからスマホやタブレットなど、便利なものに囲まれた暮らしをしています。電気のないキャンプ生活でもなければ、ネットやゲーム、テレビなしで時間を過ごすことなど皆無なのではないでしょうか。

夏休みにしかできない体験を!子供の一生の思い出に残るキャンプをしよう!【TABIZINE with Kids】
デジタルを締め出したキャンプでは、自然と五感が敏感になり、ゆったりとした時間を過ごすことができます。足元の虫や草花に興味を抱いたり、風景の美しさに心打たれたり。家族でのコミュニケーションもぐっと深まりそうですね!

どんなことでも子どもにチャレンジさせてみよう!

夏休みにしかできない体験を!子供の一生の思い出に残るキャンプをしよう!【TABIZINE with Kids】
普段、家のお手伝いに乗り気ではない子どもも、キャンプでは我先にと仕事を請け負ってくれます。中でも危ないことほど興味津々で、「やってみたい!」と目を輝かせるのが子どもというもの。

包丁やトンカチ、炎など、危険なもののそばでは、子どもから目を離さないのは鉄則です。その上で、危ないからと遠ざけるのではなく、どんなふうに危ないのかを教えるために、お手伝いを兼ねて扱い方を教えていきましょう。

テント設営では、子どもにトンカチを持たせて、ペグを打つ係りをお願いしてみませんか。ケガを防ぐために、厚手の軍手を付けておくと、万が一のときも安心です。

火おこしでは、「火吹き竹」を用意し、子どもにふーふー吹いてもらいましょう。「空気を送ると火が強くなるのはなぜ?」と、ちょっとした理科の時間にもなりますよ!

全身を使って思い切り遊ぼう!

夏休みにしかできない体験を!子供の一生の思い出に残るキャンプをしよう!【TABIZINE with Kids】
キャンプに行くときは子どもの遊び道具を用意して出かけると盛り上がります。山なら虫取りアミとカゴ、海や川なら水着と砂遊び道具などは定番ですね。

夏休みにしかできない体験を!子供の一生の思い出に残るキャンプをしよう!【TABIZINE with Kids】
このほか、フリスビー、バドミントン、なわとび、スラックライン(綱渡り)、ハンモックなどもオススメです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。