ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

大人の「社会科見学」が、もう無視できない。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
大人の「社会科見学」が、もう無視できない。

子どもの頃、社会科見学で工場に行くのがとても楽しかった思い出があります。日頃自分が利用している乗り物や食べているものが、どんな風に作られているのか…。その裏側にまったく知らなかった世界が広がっていてワクワクくしたものです。

そのワクワクは意外と大人になっても変わらないのか、最近は工場見学も人気の旅行スポット。マニアックな大人も、工場に興味がなかったカップルも、好奇心旺盛な子どもも、みんなで楽しめる物作りの現場。

夏休みの候補に、どうでしょう?

「初登場」したのは…

ランキングを発表したのは、トリップアドバイザー。

上位には愛知県豊田市の「トヨタ産業技術記念館」や、東京都大田区の「JAL工場見学 Sky Museum」、大阪府島本町の「サントリー山崎蒸溜所」などがランクインしていますが、今回紹介したいのは、今年初めてランキングに登場した、この3つ。

20位
山梨県立 リニア見学センター
(山梨県都留市)

大人の「社会科見学」が、もう無視できない。

20位にランクインした「山梨県立 リニア見学センター」。

1962年、東京と大阪の間を1時間で移動できる超高速鉄道の開発を目指し、リニアモーターの研究がスタートしました。磁力で車体を浮上させて走るリニアモーターカーのスピードはなんと時速500km。ちなみに、新幹線は時速 約300kmです。

リニアモーターカーの走る路線は始点が東京、終点が大阪に決定し、その経路になる山梨県に実験線を配置、この「リニア見学センター」が建設されました。

施設内では、リニアモーターカーの歴史を分かりやすく展示、その仕組みを理解するための体験コーナーも充実しています。そして最大の魅力は、実際にリニアモーターカーの走行実験が見られる、ということ。

17位
UCCコーヒー博物館
(兵庫県神戸市)

大人の「社会科見学」が、もう無視できない。

日本で唯一のコーヒー博物館「UCCコーヒー博物館」は、今年で30周年。コーヒーの起源、コーヒー豆の育て方、焙煎の方法など、コーヒーにまつわるさまざまな情報を幅広く展示しています。特徴的なのは、農園から聞こえる音や淹れるときに溢れる香り、試飲など、五感をフルに使ってコーヒーを楽しめること。

「焙煎体験」や「ラテアート作り」などのワークショップもあり。7月30日からは、夏休み限定で小学生向けのクイズプログラム「コーヒーの名探偵」も開催されるそう。

UCCコーヒー博物館で学んだあとに、異国情緒溢れる神戸の街でカフェ巡りをするのもいいかもしれませんね。

14位
ニッカウヰスキー 仙台工場
宮城峡蒸溜所
(宮城県仙台市)

大人の「社会科見学」が、もう無視できない。

ニッカウヰスキーの蒸溜所は、北海道の余市町とこの宮城峡蒸溜所の2ヶ所にありますが、どちらもベスト20にランクイン。人気に拍車をかけたのは、NHKドラマ『マッサン』。創業者のドラマに心動かされたファンも多いようです。

緑豊かな峡谷に現れる「赤れんが」の建物は、異国のような美しさ。まるで、工場見学に来たということを忘れてしまいそう。

そして、1杯までは無料で楽しめるウィスキーの試飲も外せません。

周辺には作並温泉や秋保温泉などの温泉郷も多いので、旅のプラン作りも楽しくなりそうです。

1〜20位のランキングと、口コミのチェックはこちらからどうぞ。Licensed material used with permission by トリップアドバイザー

関連記事リンク(外部サイト)

日本人には意外すぎる「外国人が選ぶ観光スポット2017」
Twitterで話題 「工場夜景」が、ため息の出る美しさ
ヱビスビール記念館の見学ツアーで味わえる「パーフェクトビール」が美味すぎる!しかも500円

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。