ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ヤマハ、2018年3月期第1四半期連結業績を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ヤマハ、2018年3月期第1四半期連結業績を発表

ヤマハは、8月1日、2018年3月期第1四半期連結業績を発表した。

2018年3月期第1四半期の売上高は、販売が堅調に推移したことから、28億円(2.9%)増加の1,012億円となった。損益については、営業利益は2億円(1.7%)減少の116億円、経常利益は2億円(2.1%)減少の112億円となった。また、前年同期に繰延税金資産135億円を計上していたことから、親会社株主に帰属する当期純利益は132億円(58.5%)減少の93億円となった。

セグメントの業績は以下の通り。

楽器事業の売上高は、アコースティックピアノおよびデジタルピアノは、中国での2桁成長が全体を牽引し、増収となった。ポータブルキーボードは、デジタルピアノへの買い上がりもあり、売上げが伸び悩んだ。管楽器は中高級価格帯商品が堅調に推移し売上げを伸ばしたほか、ギターは中国での販売が好調だった。セグメント全体の売上高は、前年同期に対し9億円(1.4%)増加の656億円となった。営業利益は、11億円(11.9%)減少の83億円となった。

音響機器事業の売上高は、オーディオ機器が全世界で売上げを伸ばし好調だったほか、PA機器も堅調に推移した。ICT(情報通信)機器は、音声コミュニケーション機器や国内のルーターが増収となった。セグメント全体の売上高は、前年同期に対し10億円(3.7%)増加の265億円となった。営業利益は、1億円(4.2%)減少の19億円となった。

その他の事業の売上高は、電子部品およびゴルフ用品の販売が好調だったほか、FA機器、自動車用内装部品も堅調に推移し、売上高は10億円(11.7%)増加の92億円となった。営業利益は、10億円(255.5%)増加の14億円となった。

2018年3月期連結業績予想は、今後の事業動向、為替動向等を考慮し、売上高4,320億円(前期比 5.8%増)、営業利益500億円(前期比 12.9%増)、経常利益500億円(前期比 11.3%増)に上方修正する。営業利益500億円は、2004年3月期の451億円を更新する過去最高益となる。

関連リンク

ヤマハ

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。