体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インド人シェフの本気!カリー讃岐うどんも激ウマ「インディアン ダバ ヌーラーニ 祇園」【京都】

f:id:mesitsu_la:20170710131347j:plain

インド meets 京都。こんにちは、メシ通レポーターのナガオヨウコです。

今回ご紹介するのは、私が大好きな大好きな、インド人シェフ・ヌルールさんが2017年4月に開いた新店「インディアン ダバ ヌーラーニ 祇園」。

インド人によるインド料理店って、格式高い王室料理系統が多いです。ネパール人が経営するインド&ネパール料理のお店も多いですね。

しかし、こちらはひと味もふた味も違います。なんてったって、テーマが「インド食堂」ですから。では行ってみましょーー!!!

テーマはインド食堂

f:id:mesitsu_la:20170710131405j:plain

場所は、東大路通り四条を北に上がったとこ。知恩院の南側です。

写真でいうと、右側の瓦屋根が知恩院の入り口。

f:id:mesitsu_la:20170710131404j:plain

1階が天下一品、2階が目的地「インディアン ダバ ヌーラーニ 祇園」です。

f:id:mesitsu_la:20170710131403j:plain

外国人観光客が行き交う観光地・祇園に、インド食堂が登場です! こういうギャップ、いいですよね。

f:id:mesitsu_la:20170710131402j:plain

ちょっと分かりにくいのですが、簡素な階段を上ったところにあります。

f:id:mesitsu_la:20170710131401j:plain

迎えてくださったのは、インド人シェフ、シェイク・ヌルールさん。

京都市の北区、一条通り(通称・妖怪ストリート)に本店「ヌーラーニ」、烏丸鞍馬口に「ナヤ インディアヌール」、京田辺に「ソネラ キッチン」、そしてこちら「インディアン ダバ ヌーラーニ」の計4店舗を経営しています。

私がヌルールさんに出会ったのは、たしか2年前の春。

アーユルヴェーダ、つまりはインドの漢方的な考え方でスパイスを使うヌルールさんのカレーは、そりゃもう衝撃的でした。

「おなかがもたれる、疲れやすい、などの症状に合わせてスパイスを調合し、カレーをお出しすることもデキマス」というヌルールさんは、まさに「スパイスの使い手」!

f:id:mesitsu_la:20170710131341j:plain

こちら、4店舗目はイスラミックなウエストベンガル系から南インドのミールスなど、インドの日常を幅広く提供。

ヌルールさんの故郷・コルカタで、庶民が毎日食べているカレーなんかもいただけちゃいます。

ところが「インド食を完全再現」ではないのです。ヌルールさんは、和も洋もがんがん取り入れています。

わたくし、開店して間もない春に訪問したときに食べたのは、スナップえんどうとカツオとホタルイカ(!)のスパイス炒め、マトンハンバーグのふきのとうソースがけ(!!)、京野菜の代表的存在・加茂茄子(!!!)のサブジ。

和の素材や京都の素材をインドスタイルに昇華したメニューの数々は、ほんま衝撃的でした。そしてむちゃウマでした。

f:id:mesitsu_la:20170710131346j:plain

▲調理中におしゃべりしてくれるヌルールさん

なぜ、こんなに和の素材にも精通しているのか? というと、ヌルールさん自身が「食べることが大好き」だから。

「お寿司も好きだし、イタリアンもフレンチも大好き。ムスリムだから豚肉は口にしないけれど、好き嫌いはないですね。居酒屋さんにもよく行きますよ」と、ヌルールさん。

「うどんは、京都らしいダシ重視のものが好き。きざみあんかけとか、いいですよね〜」とのこと。きざみあんかけとは、短冊状に刻んだ油揚げ+とろ〜りあんかけのこと。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。