ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

マイケル・モンロー、ソロ30周年記念ベスト発売 &12月に来日公演決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ハノイ・ロックスのフロントマンとしての活動を1980年に開始したマイケル・モンロー。1987年にはソロデビュー・アルバム『ナイト・アー・ソー・ロング』をリリースし、間にハノイ・ロックスの復活と解散を挟むも、現在も自身のバンドと一緒に精力的に活動を続けている。そんなマイケル・モンローがソロデビューから30周年を迎えた今年、初の編集盤となる『ザ・ベスト』を発表した!
マイケル・モンロー (okmusic UP's)

セカンド・アルバム『ノット・フェイキン・イット』(1989)のシングル「デッド、ジェイル・オア・ロックン・ロール」(ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズが登場するミュージック・ビデオが当時大きな話題となった)、Classic Rock誌の“アルバム・オブ・ザ・イヤー”に選ばれた『センサリー・オーヴァードライヴ』(2011)収録の「’78」など、聴けばその頃の思いが蘇り、情熱が湧いてくる素晴らしいロックンロール・チューンばかりを全29曲収録。収録曲のハイライトは、下記のマイケル・モンローから届いたメッセージでぜひ確認してほしい。

そして、12月には30周年記念の来日公演も決定!  12月05日(火)に梅田 CLUB QUATTRO、06日(水)に恵比寿 LIQUIDROOM、そして08日(金)には名古屋 ReNY limitedにて開催される。
【マイケル・モンロー コメント】

8月2日に新しいアルバム『ザ・ベスト』がリリースされる。新曲の「ワン・フット・アウタ・ザ・グレイヴ」、1993年にスラッシュとコラボした「マジック・カーペット・ライド」の未発表ヴァージョン、1985年にデッド・ボーイズのスティーヴ・ベイターズとデュエットした「イッツ・ア・ライ」・・・これは日本では出ていなかったね、そういった曲も入った、マイケル・モンローの曲でいっぱいの2枚組CD。皆さん全員にお勧めしたいアルバムだ!

そして、12月に来日公演が決定したんだ! 日本でライヴをすることが待ち遠しくてたまらない。楽しみにしているよ!

See you all soon!

たくさんの愛をこめて&ロックンロール!

❤マイケル・モンロー❤
アルバム『ザ・ベスト』
2017年8月2日(水)発売

UICO-1295/6/¥3,000+税

※CD2枚組

<収録曲>

■CD 1

1. デッド、ジェイル・オア・ロックン・ロール

2. マン・ウィズ・ノー・アイズ

●3. イッツ・ア・ライ feat. スティーヴ・ベイターズ

4. ナイト・アー・ソー・ロング

5. 二度と帰さない

6.ナッシンズ・オールライト

7. ハマースミス・パレ

8.ユー・クルシファイド・ミー

9. デッドタイム・ストーリーズ

10. ホエアズ・ザ・ファイヤー・ジョン

11. メイク・イット・ゴー・アウェイ

12. ライフ・ゲッツ・ユー・ダーティー

13. セルフ・ディストラクション・ブルーズ

14. ストランデッド

15. テレフォン・ビルズ・オール・マイン

■CD 2

1. トリック・オブ・ザ・リスト

2. ’78

3. オール・ユー・ニード

4. バラッド・オブ・ザ・ロウアー・イースト・サイド

5. エイティーン・エンジェルズ

6. ステインド・グラス・ハート

7. オールド・キングス・ロード

8. ゴーイン・ダウン・ウィズ・ザ・シップ

9. キープ・ユア・アイ・オン・ユー

★10. ワン・フット・アウタ・ザ・グレイヴ

◆11. フィスト・フラ・ダイナマイト

◆12. シンプルタウン

13. ゲット・オン

+14. マジック・カーペット・ライドfeat. スラッシュ

★新曲

◆未発表曲

+未発表ヴァージョン

●日本未発表ヴァージョン

■試聴、購入はこちら

https://umj.lnk.to/MM_best
『The 30th Anniversary Tour in JAPAN 2017 』
12月05日(火) 梅田 CLUB QUATTRO

12月06日(水) 恵比寿 LIQUIDROOM

12月08日(金) 名古屋 ReNY limited

■詳細はこちら

https://www.creativeman.co.jp/event/michael_monroe2017/
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。