体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【嫁さん評価★4】いつかどこかの喫茶店で食べたあの「冷やしナポリタン」

【嫁さん評価★4】いつかどこかの喫茶店で食べたあの「冷やしナポリタン」 f:id:kamekichipapa:20170727093506j:plain

嫁さん評価 ★★★★☆

「この食感と味は完全にナポリタンだわね。懐かしい味もするし、新しい味? のような気もするし」

娘評価 ★★★★★

「それにしても、ふっといパスタやねぇ~。冷たいし食べ応えもあるねぇ。おしゃれな味じゃないけど、おいしいパスタやね!」

モッチリムッチリの麺に、具は玉ねぎとピーマン、そして赤ウインナー。ちょっと甘めのソースで、そこにタバスコをたっぷりかけて唇をピリピリさせながら食べる……。いつかどこかの喫茶店で食べたナポリタンの味、あー懐かしいですわー。

そのナポリタンを夏っぽく、今回はちょっと珍しい「冷やしナポリタン」にしました。実はこの冷たいナポリタン、私が調理師学校時代の調理班で「まかない」として作っていた正真正銘の懐かしの味。何度も作ったから味も食感も間違いなし!

で、味もいいんですが、ピーマンには疲労回復のビタミンC、玉ねぎの硫化リアル(切ったら涙が出る成分)はやはり疲労回復や食欲増進、ケチャップにもβカロテンやリコピン……。と、具だくさんのナポリタンは暑い季節にこそおすすめなんです!

かめきちパパの「冷やしナポリタン」

【材料】(2人分)

パスタ(2.2㎜) 140g 赤ウインナー 6本 玉ねぎ 1/4個 ピーマン 1個 マッシュルーム(缶詰) 20g バター 15g 塩、胡椒 適量 ケチャップ 大さじ6 オリーブオイル 大さじ2 タバスコ 5振り

作り方

f:id:kamekichipapa:20170726162354j:plain

1. 3リットルくらいの水を沸騰させ、1%の塩(約30g、分量外)を入れてパスタを袋に書いてある時間通りにゆでる。ザルにあげオリーブオイルをかけて混ぜ合わせておく。

※まず最初にパスタをゆでることで、具材の切りものをしている間にいい感じのモッチリ食感に!

f:id:kamekichipapa:20170726162404j:plain

2. 赤ウインナーは格子状に切りこみを入れてから5㎜幅の輪切りにする。

※これめっちゃ大事なポイント。切り込みをいれてから輪切りにすると、炒めている時に赤ウインナーの独特のおいしさが出るんです。

3. 玉ねぎは1㎝幅のくし切りに、ピーマンは種を取り輪切りにする。

f:id:kamekichipapa:20170726162407j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。