ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

神々しいステージで魅了、待望の初来日を果たしたキンブラの東京公演初日をレポート

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
神々しいステージで魅了、待望の初来日を果たしたキンブラの東京公演初日をレポート

 ニュージーランド出身の歌姫、キンブラの初来日公演が、8月1日にビルボードライブ東京で開催された。

キンブラ 来日公演写真(全8枚)

 キンブラは、ゴティエのシングル「サムバディ・ザット・アイ・ユースト・トゥ・ノウ ~失恋サムバディ(feat. キンブラ)」にフィーチャーされ、グラミー賞の「最優秀レコード」と「最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス」を獲得、一躍世界から注目を集めた。その後、2012年にアルバム『Vows』で全米デビュー。それから6年の月日を経て、待望の初来日を果たした。

 定刻の時間になると、バンド・メンバー2人に続いてキンブラが登場。これから始まるステージへの期待と緊張に包まれた会場の中、「ワン・ツー・スリー・フォー」と囁く彼女の声でライブがスタート。

 キーボードやサンプラー、ギター、ベースなど様々な音を巧みに駆使したエレクトリックなアレンジが施されたセットで進む中、腕を広げ感情豊かに歌い上げ会場を魅了していく。4曲ほど終えたあと、緊張しているのかはにかむような笑顔で「コンニチハ、アリガトウゴザイマス。ワタシノ ナマエハ キンブラデス。ハジメテ トウキョウニ キマシタ」とこの来日の為に覚えてきた日本語を披露。会場からは大きな拍手とともに「Thank you」「I love you」といった、彼女の来日を待ちわびていたファンからの歓声が巻き起こった。

 楽曲が終わるごとに「アリガトウゴザイマス」と安堵の笑顔を見せるキュートな彼女だったが、楽曲が始まると堂々としたパフォーマンスで会場を魅了。マイクを手に持ち観客一人一人に歌いかけたり、時には髪を振り投げ力強く歌い上げる場面も。またステージ上のモニターには楽曲をイメージした映像が投影され、ステージ照明とともに彼女の世界観がより表現され、神々しいまでのステージを創りだしていた。歌声、楽曲、ステージ演出と細部にまでこだわったキンブラの初ステージは、観客を引き込み、瞬く間に終了した。

 新作アルバムのリリースに注目が集まるキンブラだが、今回の公演ではそのアルバムに収録されるであろう新曲も披露された。来日公演でいち早く聴くことができるチャンスだ。なお、来日公演は8月2日の東京公演の2ステージを終えたあと、8月4日にビルボードライブ大阪で2ステージを行う予定。初来日の圧巻のステージをぜひ目撃してほしい。

Photo:Ayaka Matsui

◎公演情報
ビルボードライブ東京
2017年8月1日(火) – 2日(水)
1stステージ開場17:30 開演19:00
2ndステージ開場20:45 開演21:30

ビルボードライブ大阪
2017年8月4日(金)
1stステージ開場17:30 開演18:30
2ndステージ開場20:30 開演21:30

詳細:http://www.billboard-live.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ゴティエとのコラボでも知られるニュージーランドのポップ・スター、キンブラの初来日公演が決定
“若きポップ冒険者”キンブラの日本デビュー盤、ビッグ・ネームが挙って後押しするその魅力を分析
キンブラ DJシャドウによる新曲のリミックス音源を公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。