体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

認知症高齢者の一人暮らしが抱える課題と解決策

認知症高齢者の一人暮らし課題と解決策

一人暮らしの認知症高齢者が増えている昨今。認知症になっても住み慣れた地域で安心して暮らし続けるには何が必要なのでしょうか。現状の課題と解決策について解説します。

認知症高齢者の一人暮らしは増加傾向

高齢化が進むつれ、当然高齢者の単独世帯は増加しています。平成15年の時点で既に「2025年には高齢者単独世帯が680万世帯に上る」(国立社会保障・人口問題研究所:日本の世帯数の将来推計)と予測されており、現実にその数は増加の一途を辿っています。

一人暮らしを続けたいと思っている高齢者は意外と多い?

 平成26年度の内閣府による調査では、現在一人暮らしをしている高齢者に「今後どなたかと一緒に暮らしたいか」という問いに「今のまま一人でよい」と答える人の割合が最も多く、7割以上の人が一人暮らしの継続を望まれています。

同様の調査は平成14年度にも実施されておりこの時も回答者の7割が「今のままでよい」と答えています。個々に事情が異なるため、一概には言えませんが、誰かと同居する=自宅を離れることになるため、もしくは子や孫に面倒をかけたくないといった言葉も聞かれています。

高齢者の一人暮らしの中にある課題

俗に言う「事故」は一人暮らしに限らず生きている限り起こりうるものです。しかし、事故が起きた場合、一人暮らしであることで初動が遅れるケースが見られます。以下に自宅内で多い事故について簡単にまとめます。(参考データ:高齢者の生活環境|平成28年版高齢社会白書)

家の中で事故が起きる場所

1位:居室 45%
2位:階段 18.7%
3位:台所・食堂17%
4位:玄関5.2%
5位:洗面所2.9%

以下、風呂場・廊下・トイレと続きます。
65歳以下の年齢層と比較すると、ほぼ全ての場所で高齢者層の方が事故の割合が高くなっていますが、台所・食堂での事故については若年層の方が多い事実が示されています。これは加齢による身体機能低下によるものではなく、年齢や認知症の発症によって自宅内での役割や行動に変化が生じていることが要因だと考えられます。

室内での事故内訳

1位:転落 30.4%
2位:転倒 22.1%
3位:触る・接触する 14.5%
4位:誤飲・誤嚥 9.3%
5位:ぶつかる・あたる 6.8%

以下、挟む・有毒ガスの吸引・その他と続きます。特徴として高齢者層ではシンプルな動作での事故が増えていると言えます。認知症に起因するパターンとしては、視空間認知の程度によって転落や転倒が起きるケースが見受けられます。高温多湿による日本家屋の特徴である玄関の上がり框や階段は特に発生しやすい場所です。

一人暮らしによる認知症への影響

認知症を持つ方が一人暮らしを継続する中では、さまざまなリスクがあります。

認知症が人知れず進行するリスク

一人暮らしをしていても、誰かがよく尋ねてきたり、定期的に外出する等、対人関係が保たれていれば、いざ認知症が進行しても周囲がすぐ気がつくことができます。しかし、一人暮らしで引きこもりがちになった場合、症状が進行しても、すぐには気づきにくくなります。

家族やその他の人間関係が存在しなくなることで、生活そのものに刺激が失われていくのは認知症高齢者に限った話でありません。そうした刺激がなくなると、認知症が進みやすくなり、悪循環が生まれます。

近隣トラブルのリスク

認知症の症状が進行むと、記憶障害や精神不安定などの症状により日常生活の中で近隣住民とのトラブルが起こることもよくあります。

実際にあった近隣トラブル例として、ある日突然庭でゴミを燃やすようになった男性高齢者がいました。今から30年ほど前であれば家庭のゴミを庭の焼却炉等で燃やすのが日常の光景でしたが、今は違います。男性宅では連日消防隊員が訪れての注意が繰り返され、近隣住民との口論が繰り広げられていました。その男性のケースでは「ウチの箪笥を盗んだだろう」と隣家に怒鳴り込み、警察が出動することが度々ありました。

詐欺や強盗の被害に遭うリスク

一人暮らしの高齢者が増えると同時にそれを狙った詐欺師も増えています。他者との関わりが少なくなり、孤独を感じる高齢者、もしくは認知症により詐欺師を自分の子供や孫・信頼する人物と認知する高齢者。そういった人につけ込み、高額の商品が売りつけられています。

1 2次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy