体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソーメン二郎さん(そうめん研究家)に聞く! そうめんを10倍おいしくする食べ方

ソーメン二郎さん(そうめん研究家)に聞く! そうめんを10倍おいしくする食べ方 ソーメン二郎さん(そうめん研究家)に聞く! そうめんを10倍おいしくする食べ方 ソーメン二郎さん(そうめん研究家)に聞く! そうめんを10倍おいしくする食べ方

夏の食事といえば、やっぱりそうめん! 暑さのせいでいまいち食欲がないときでも、さっぱりしたのどごしのおかげでお腹を満たしてくれますよね。

そんなそうめんの研究家として活躍しているのが、その名も「ソーメン二郎」さん。40年以上そうめんを愛し続け、日本の伝統食としての“復権活動”に尽力するソーメン二郎さんに、あくなきそうめん愛の原点や10倍おいしく食べるための一工夫をお聞きしました。

 

ソーメン二郎って何モノ!? そうめん発祥の地生まれ、実家は製麺所

ソーメン二郎さん(そうめん研究家)に聞く! そうめんを10倍おいしくする食べ方

――そうめん研究家として具体的にどのような活動をされているのでしょうか?

一言で表すと、そうめんの“復権活動”です。諸説ありますが、そうめんは古来中国から伝来した約1200年もの歴史がある麺で、国民食といっても過言ではありません。平安時代の宇多天皇の時代より宮中に献上されているほど高貴な食材でしたが、近年はお中元文化の衰退などから、徐々に日本人のそうめん離れが進んでいます。

「このままでは20年後にはそうめんが絶滅してしまう!」と危機感を抱き、4年ほど前から“そうめん研究家”を名乗り始めました。企業とのコラボメニューの開発やイベントの出演などを通し、広くそうめんについて普及活動を行っています。ソーメン二郎さん(そうめん研究家)に聞く! そうめんを10倍おいしくする食べ方「テリー植田」名義でのイベントプロデューサーとしての活動も。

――ソーメン二郎さんのそうめん好きのルーツを教えてください。

僕は奈良県桜井市の三輪そうめん製麺所(植田製麺所)の家系に生まれました。本家の義理姉夫婦が5代目を継いでいます。小学生のころは、お中元の時期になると宛名書きや発送作業を手伝っていましたよ。

桜井市は日本のそうめん発祥の地。幼いころからおいしい手延べそうめんを食べて育ったので、上京後のそうめん文化の違いに驚きましたね。お中元の余りものや機械で製麺された安物のそうめんばかりをいやいや食べている人の多さといったら……。

――たしかに、そうめんは身近な食べ物ですが、いわゆるごちそうというイメージはありませんね。食費を節約したいときによく食べているという学生も多い印象です。

そうめんは日本の職人さんが大事に伝承してきた伝統食。仕方なく食べるのではなく、もっとポジティブに楽しめるようになってほしいと願っています。とはいえ、安価な面も捨てたものではありません。ちょっと一手間加えるだけでさまざまなレシピを楽しむことができるので、一人暮らしの方にももっと魅力を知ってもらいたいです。

――今日はそんな方々に向けて、ちょっとした手間で驚くほどおいしくなるそうめんの美味しい食べ方を教えてもらえるとのことで、よろしくお願いします!

 

ソーメン二郎さん直伝! おいしく食べるコツ&簡単アレンジ3選

ソーメン二郎さん(そうめん研究家)に聞く! そうめんを10倍おいしくする食べ方アレンジレシピに使用するのは100円ショップやスーパーにて100円台で購入できる食材ばかり。
1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy