ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

銀杏BOYZ、恋とロックの三部作第3弾「恋は永遠」は9月リリース! 新たなMV「二回戦」も公開に!!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

銀杏BOYZの3カ月連続シングルの第3弾となる「恋は永遠」が9月27日に発売されることが決定した。2016年に発表したシングル「生きたい」で、「人間」「光」に続き、峯田和伸は自らを断罪し、世に咆哮を捧げ、銀杏BOYZとしてロックの光と影の三部作を完結させた。それから1年が経ち、恋とロックを軸とした新たなる三部作を7月から3カ月連続で発表していく。
シングル「恋は永遠」【初回盤】 (okmusic UP's)

第1弾シングル「エンジェルベイビー」(7月26日リリース)ではストレートであり、ど真ん中な銀杏BOYZらしいポップな一面を見せ、第2弾シングル「骨」(8月30日リリース)では前作とは異なる銀杏BOYZの甘く淡い一面がふんだんに詰まった作品となった。そして、今作「恋は永遠」は懐かしさを感じさせるグループサウンズの雰囲気もありながら、銀杏BOYZらしい温かいノイズに包まれた新たな音の感触を味わってもらいたい。

M2「二十九、三十」はクリープハイプのカバー曲。今年6月に彼らのツアーで共演した際に、この楽曲カバーを披露したことがきっかけとなり、今作に収録される流れとなった。オリジナルとは違った印象を与えているのは、ヒップホップのビートを感じさせるような跳ねるドラムと、それをバックに歌う峯田の歌声がとても映えた仕上がりであることが大きい。

「骨」に続き、今作のレコーディングでは、銀杏BOYZのツアーでも演奏をしている岡山健二(classicus)がドラムで、加藤綾太(2)がギターで参加。3カ月連続で、初回生産盤は7インチサイズの紙スリーブ仕様での発売となる。

また、7月28日にリリースした3カ月連続シリーズ第1弾となる「エンジェルベイビー」のカップリング曲「二回戦」のMVも公開された。主演に湊莉久、監督にターボ向後を迎えて制作。一言で言うなら“泣ける”という表現に尽きるのだが、ターボ向後監督の演出した湊莉久x峯田和伸の2人を捉えた映像美を堪能してもらいたい。
シングル「恋は永遠」
2017年9月27日発売

【初回盤】

SKOOL-042E/¥1,200+税

※7インチ紙スリーブ仕様

<収録曲>

01.恋は永遠

02.二十九、三十

<楽曲クレジット>

01.恋は永遠

作詞、作曲:峯田和伸

■サポートメンバー

山本幹宗:ギター、コーラス

加藤綾太(2):ギター、コーラス

藤原寛(AL):ベース、コーラス

岡山健二(classicus):ドラム、コーラス

02.二十九、三十

作詞、作曲:尾崎世界観

■サポートメンバー

山本幹宗:ギター

加藤綾太(2):ギター、コーラス

藤原寛(AL):ベース、コーラス

岡山健二(classicus):ドラム、コーラス

【通常盤】

SKOOL-042/¥1,200+税

※初回生産盤の在庫が終了次第、通常盤に切り替わり。

<収録曲>

01.恋は永遠

02.二十九、三十

<楽曲クレジット>

01.恋は永遠

作詞、作曲:峯田和伸

■サポートメンバー

山本幹宗:ギター、コーラス

加藤綾太(2):ギター、コーラス

藤原寛(AL):ベース、コーラス

岡山健二(classicus):ドラム、コーラス

02.二十九、三十

作詞、作曲:尾崎世界観

■サポートメンバー

山本幹宗:ギター

加藤綾太(2):ギター、コーラス

藤原寛(AL):ベース、コーラス

岡山健二(classicus):ドラム、コーラス
シングル「エンジェルベイビー」
2017年7月26日(水) 発売

SKOOL-040/¥1,200(税抜)

<収録曲>

1.エンジェルベイビー

2.二回戦

<楽曲クレジット>

1.エンジェルベイビー

作詞、作曲 峯田和伸

■サポートメンバー

山本幹宗:ギター 

藤原寛(AL):ベース、コーラス

後藤大樹(AL):ドラム

■ゲストミュージシャン

UCARY VALENTINE:プログラミング

2.二回戦

作詞、作曲 峯田和伸

■サポートメンバー

山本幹宗:ギター 

藤原寛(AL):ベース、コーラス

後藤大樹(AL):ドラム

■ゲストミュージシャン

UCARY VALENTINE:プログラミング、コーラス

野崎泰弘:キーボード
「二回戦」MV

https://youtu.be/A4NeJDFJhhA
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。