体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「夜の人妻」に「真由美のカスタード」?話題の『人妻プリン』に迫る

「夜の人妻」に「真由美のカスタード」?話題の『人妻プリン』に迫る

『人妻プリン』という商品ののぼりが先日ネット上をにぎわせていました。人妻プリン……一体何なのだろう。人妻のイラストが描かれたプリン?なんなんだ……一体何なんだ……と、気になってしかたなくなったのでやってきました佐賀県神埼市!

最寄り駅のJR神埼駅を降りると卑弥呼様が迎えてくれます。田んぼや畑、古くて大きな家を見ながら歩いて行くとプリンを販売している『神埼やぐら寿司』に到着しました。お店の前の休憩所では人妻のイメージ看板がお迎えをしてくれます。

【さらに詳しい元の記事はこちら】


ちょうどランチタイムということもあり、お店は近所の主婦仲間、家族づれ、会社の仲間同士というメンバーでいっぱいでした。待っている間店内の様子をみていると、食事を済ませた人が巻き寿司とプリンを買って帰ります。主婦のグループが「今日は夜の人妻ないの?」「ここの人妻プリン濃厚で美味しいのよ」と話しているのはなかなかにシュール。


ランチの人波が引いた頃、店主の佐藤さんに話を聞くことができました。

実は人妻プリンを知った時に一番気になっていたのが何故プリンなのか。そしてなぜ『人妻』なのかということでした。なのでそのことについて聞いてみたところ、お寿司の膳に茶碗蒸しはつきもので、その技術と経験を活かして奥さんの真由美さんが元々プリンを提供していたのだそうです。

確かにすのないプリンを作るコツは茶碗蒸しと同じです。そうして提供していたところ、奥さんが大きな病気で倒れてしまいます。その前年にやはり子どもさんが病気ではないかと診断され、家族全員が暗いムードに包まれてしまいました。幸いお子さんの診断結果は良好で、ホッと安心していたところ今度は頑張ってお店のプリンを提供し続けていた奥さんが大病を患ったことに佐藤さんも心を痛めたそうです。

その後奥さんは危機を乗り越え、お店に戻ってくるとまたプリンを作り始めました。病気の治療、家庭、仕事と頑張る奥様のプリンをもっと食べてもらいたくて『妻のプリン食べてください』という名前で売り出していましたが、世の中の奥さんたちにはみんなそれぞれに素敵なところがあるという思いから『人妻プリン』という名前へと進化したのでした。プリンのベースになるカスタードは『真由美のカスタード』という奥さんレシピのカスタード、だから一番ベーシックなプリンは『真由美のカスタード』と名付けられたのでした。

■頑張る奥さんたちへのエール

決してご主人が人妻好きだからではなく、頑張る奥さんたちへのエールとして考えられたものなのです。実はお店で出されている箸袋や箸置きなども、お店で働く奥さん(従業員)たちの作品、ドライブスルーも呼び鈴を押すと真っ先に対応するのは奥さんたち。佐藤さんはお店で働く奥さんたちの素晴らしさも伝えるためにこうして人妻にこだわったお店づくりをされていたのです。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy