体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

5人のクリエイターが阿蘇に行ったら「水」に夢中になってしまった。

5人のクリエイターが阿蘇に行ったら「水」に夢中になってしまった。

「水を知る旅に出よ」

そんな使命を受けて集った、東京で活躍するクリエイター5人。向かうは東京からはるか遠く離れた、九州・熊本だ。5人のクリエイターが阿蘇に行ったら「水」に夢中になってしまった。

《今回の旅人》左から
・池田親生(CHIKAKEN)
・外所一石(プロデューサー・コンセプター)
記事内にも出ていただく「山村酒造」の山村弥平さんを挟み、
・小橋賢児(LeaR株式会社代表取締役)
・イセオサム(株式会社ハロ/HALO inc.取締役COO)
・久志尚太郎(TABI LABO代表取締役)

熊本・阿蘇に広がる世界有数のカルデラ。今回訪ねる「高森」は、そのカルデラのなかに広がるまちだ。1,000年つづく草原や、あちこちで湧き出す水が独自の食文化を育み、「日本で最も美しい村」のひとつにも数えられる。

このまちで彼らを魅了したもの。それは、まぎれもなく「水」だった。

水がいいから
いい「気」がめぐる。

清らかな水は、いい「気」を育む。

耳を澄ませて聞こえてくるのは、水のせせらぎ、小鳥のさえずり、風にそよぐ葉音。クリアな波動に満ちた高森にはたくさんのパワースポットが存在し、心身の癒しを求めて多くの人が訪れる。5人のクリエイターが阿蘇に行ったら「水」に夢中になってしまった。 雨上がりの早朝、一行が足を踏み入れた「上色見熊野座神社」。苔むす木々や整然と並ぶ石灯籠の美しさに誰もが目を奪われた。足を止め、透きとおった「気」に心を澄ます人も。5人のクリエイターが阿蘇に行ったら「水」に夢中になってしまった。 なかでも圧倒されたのは、神社の裏山にある大風穴「穿戸岩(ほげといわ)」。風穴の向こうには朝霧のベールに包まれた森が広がり、風穴の真下に立てば「気」が変わるような感覚。「異世界への入り口」と噂されるのも納得だ。5人のクリエイターが阿蘇に行ったら「水」に夢中になってしまった。

ただならぬ存在感を放つ巨木が迎えてくれたのは「草部吉見神社(くさかべよしみじんじゃ)」。五穀豊穣や縁結びのご利益があるという神社だ。

樹齢1,000年と記される御神木へ引き寄せられた一行は、思い思いに木と向き合い、その清々しいエネルギーに触れた。5人のクリエイターが阿蘇に行ったら「水」に夢中になってしまった。

いい水は、木と共存する。

いい「気」をつくる。

歩いているだけで。そこに佇むだけで。

パワーをもらえる場所が高森にはある。

02.
水がいいから
「食」がいい。

いい水は、おいしい「食」をつくる。

渓流にはヤマメなどの川魚が泳ぎ、標高500mを超える畑では、昼夜の寒暖差を生かした高冷地野菜が育つ。

水と地の利を生かし、高森ならではの食文化が紡がれる。5人のクリエイターが阿蘇に行ったら「水」に夢中になってしまった。

季節野菜たっぷりのランチコースと根子岳カレー。

「うまい! 野菜そのものの旨みが生きている」5人のクリエイターが阿蘇に行ったら「水」に夢中になってしまった。

おいしさに感嘆の声をあげたこの一皿は、「高森湧水トンネル公園」の入り口にあるレストラン「WATER FOREST」で味わえる。湧水と野菜のおいしさに惚れ込み、2016年に高森へ移住したシェフの店だ。

高森の「うまい!」にすっかり胃袋を掴まれた一行の食べ歩きはまだまだつづく。「水がいい土地の豆腐はうまいはずだ」。食の本質にも目を向ける久志の期待をしっかり満たしてくれたのは「四季見豆腐店」。揚げたての豆腐に甘露醤油をたらして味わう高森の伝統食「生揚げ」はど真ん中のうまさだった。5人のクリエイターが阿蘇に行ったら「水」に夢中になってしまった。

生揚げをほおばり大満足。「アツアツでうまい!豆の甘みがいいね」

いい水で作られると、醤油もうまい。

1870年創業。「マルキチ醤油」の愛称で知られる「豊前屋本店」ではさきほどの甘露醤油とともに、「しょうゆ最中アイス」を発見。一見ミスマッチ!?と思いきや、パリッと香ばしい最中皮にほんのり甘い醤油アイスとみたらし風のタレが絡み、コク旨のスイーツに。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。