体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

HTC One Sのカメラ起動時間とオートフォーカス速度のデモ(動画あり)

HTC Oneシリーズでは、アップグレードされたカメラ機能が特徴の一つとなっています。HTC ImageSenseの実装やHTC ImageChipの搭載、カメラレンズやイメージセンサー、ソフトウェア・UIのアップグレードにより、デジカメと遜色のない高性能なカメラに仕上がったと言われています。大幅に改善されたカメラ機能の中でも注目されているのが起動とオートフォーカスの速さ。0.7秒で起動し、0.2秒でフォーカスがあたる。人的ラグがなければ、0.9秒でちゃんとフォーカスのあたった状態での撮影が可能になります。実際に手元のHTC One Sでそれを確認してみました。時間を計ったわけではありませんが、確かに言われるとおりの秒数であるかのうように、高速に起動、動作しているように感じました。昨年モデルのHTC Sensationと比べるとその差はハッキリと出ています。高機能じゃなくて良いから、ピンボケの無い写真がサクッと撮影できる、ということがスマートフォンのカメラ機能に対する第一の望みかと個人的には思いますが、HTC One S(HTC Oneシリーズ)ではその部分がきっちりと改善されているように感じました。



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony LiveViewの後継「SmartWatch MN2」開封の儀
Galaxy Tab 2(10.1)のWi-Fi・8GBモデルの価格を米Office Depotは$399と表示
Samsung、米国で「Galaxy Prex」、「Galaxy Sire」、「Galaxy Lift」を商標出願

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会