ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

NHK-FMにてヒットソングの舞台裏や 音楽ビジネスの実情などを語るラジオ番組を放送決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

商業用のジャズレコードが初めて録音されてから、2017年でちょうど100年が経つ。ポピュラーミュージックにとっては非常に意義深いこの年に、NHK-FM 特集番組『ポピュラーミュージックヒストリー ~発展の歴史と舞台裏~』が8月7日(月)から10日(木)の全4回にわたって放送される。朝妻一郎(フジパシフィックミュージック代表取締役会長)がホストを務め、前半では音楽評論家の安倍寧をゲストに招く。今のポピュラーミュージックがどのように発展を遂げてきたかについて、ヒットソングの歴史や実情に精通する朝妻がその舞台裏や音楽ビジネスの実情などを語るラジオ番組だ。
NHK-FM 特集番組「ポピュラーミュージックヒストリー ~発展の歴史と舞台裏~」 (okmusic UP's)

第一回目(8月7日放送)は、19世紀後半から20世紀初頭にかけてポピュラーミュージックがどのように作られ、多くの人々に広まっていったかを、ゲストの安倍寧と共に当時の音楽ビジネスの始まりから掘り下げる。

第二回目(8月8日放送)では、再び安倍をゲストに招き、1920年代から1940年代に活躍したブロードウェイミュージカルの作曲家アーヴィング・バーリン、ジェローム・カーン、ジョージ・ガーシュイン、コール・ポーター、リチャード・ロジャースの作品を通じて、その時代の音楽ビジネスの舞台裏に迫った内容。

第三回(8月9日放送)は、1950年代から1960年代、キャロル・キング、ニール・セダカ、バリー・マンなどの若い作曲家たちの手によってヒットソングが量産されたポップス黄金期と呼ばれる時代。次世代の職業作曲家たちの全盛時代である当時の音楽ビジネスの裏側に切り込んでいく。

第四回(8月10日)は最終回。ビートルズの誕生、そして20世紀を代表する二人のポップスター、ポール・マッカートニーとマイケル・ジャクソンに焦点を当て音楽ビジネスを語る。中でも「著作権」について掘り下げ、21世紀の音楽ビジネスの在り方について迫った内容は必見だ。
■放送時間 16:40〜18:00

■出演 朝妻一郎、鈴木万由香

■ゲスト 安倍寧(第一回、第二回)
 (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。