体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

荷物少なめで気軽にアウトドア! わんことグランピング【千葉・九十九里】

▲見渡すかぎり空・空・空の開放感。自然派わんこは、キャンプ&グランピングでくつろぐのが大好き!

▲見渡すかぎり空・空・空の開放感。自然派わんこは、キャンプ&グランピングでくつろぐのが大好き!

わんこは自然を感じられる旅が大好き。でも本格的なキャンプは荷物を運んだり、テントを張ったりが面倒で……。そんなときオススメなのが、近ごろ話題のグランピング。常設テントやベッド、バーベキューセットなどが用意されているから、カンタンな準備で、外遊びのオイシイとこだけ楽しめます。今回は、筆者が愛犬・ぐりとぐらと行った九十九里の「わんこと泊まれる」グランピング施設をご紹介します。

グランピングなら荷物少なめで視界スッキリ&燃費向上

普通のキャンプに行くとなると、テント&タープ、寝袋、折りたたみテーブル&チェア、焚き火台にバーベキューコンロ……と荷物がいっぱい。これらを積み込むと、下の写真のようなSUVの荷室もすぐパンパンになってしまいます。ちなみにわが家では、ぐりとぐらがいる後部座席の足元にも荷物を置いているので、荷室どころか、車そのものがパンパンです。

でもグランピングなら、荷物の量がぐんと減り、ホテル泊のときと変わらない荷物量。常設テントにベッド、バーベキューセットまで用意しているところなら、テントも寝袋もテーブル&チェアもいりません。わんこ用のバギー、バーベキューの食材を運ぶクーラーボックスと、あとは普通の旅の荷物でOKです。

積み降ろしがラクなうえに、なんといっても後方視界がスッキリ。これは安全運転の観点からも重要なポイントです。そして、車が身軽になるから燃料の節約にも。安全&エコですね!

▲こちらは普通のキャンプのときの荷室。テントや寝袋、テーブル&チェアなどでパンパンです!

▲こちらは普通のキャンプのときの荷室。テントや寝袋、テーブル&チェアなどでパンパンです!

▲一方、こちらはグランピングのときの荷室。後方視界が広々&スッキリして、ぐりとぐらもニッコリ

▲一方、こちらはグランピングのときの荷室。後方視界が広々&スッキリして、ぐりとぐらもニッコリ

九十九里に到着! ふらっと来ても、本格的にアウトドア気分

今回お世話になった九十九里の「Glee Club(グリークラブ)」は、わんこと泊まれるキャンプ&グランピング施設。広々としたドッグランの中に常設テントがあり、1日1組貸切だから、滞在中はわんこをフリーにしてのびのびと遊ばせることができるんです。こんな体験、普通の旅行ではできませんよね!

わんこが遊んでいる間に、人間は火をおこしたり、食材を切ったりと、バーベキューの準備。お肉を焼き始めると、ぐりとぐらはいつの間にか人間の足元に寄り添って、勝手にオスワリ&マテしています。焼いただけのお肉は、わんこにとって最高のごちそうですよね。これもキャンプ&グランピングの醍醐味!

そしてバーベキューの後のお楽しみは、キャンプファイア。あれこれ大きな荷物を持ってこなくても、こんなに本格的にアウトドア気分を満喫できるのだから、グランピングって本当に贅沢な遊びです。

▲今日のお宿「Glee Club(グリークラブ)」に到着。ぐりとぐら、広~い敷地内を走り回って大喜び
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy