体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【お土産にも】京都でしか買えない「nikiniki」の美しい生八つ橋

これが生八つ橋?美しくて美味しい「nikiniki」の生八ツ橋
京都の定番のお土産といえば「生八つ橋」。みなさんが想像するのは、四角い生八つ橋や、その生八つ橋にあんこを包んで三角に折ったものではないでしょうか? でも、そんな概念を覆す生八つ橋があるんです。

今回は、お土産にしたらきっと喜ばれる、見た目も可愛い「生八つ橋」を紹介します。

イートインで生八つ橋を食べられる「nikiniki」

ちょっと変わった「生八つ橋」を出しているのは、「nikiniki(ニキニキ)」というお店。老舗の聖護院八ッ橋総本店がプロデュースしたお店なのです。

これが生八ツ橋?美しくて美味しい「nikiniki」の生八ツ橋
阪急「河原町駅」の木屋町出口を出てすぐ目の前に、こじんまりしたお店を出しています。本当に目の前なので、すぐに見つかりますよ。

これが生八ツ橋?美しくて美味しい「nikiniki」の生八ツ橋
お店にはまるでショーケースのように、生八つ橋が並んでいます。でも、ちょっとよく見かけるものと違いますね。ここでは、カラフルな生八つ橋の皮と、餡やコンフィチュールを選んで包んで食べる「カレ・ド・カネール」という変わり種生八つ橋を売っています。

「カレ・ド・カネール」はイートインができ、その場で皮と餡を選ぶことができるんですよ。お土産用も用意はしていますが、生ものなので、早めに召し上がってくださいとのこと。

早速ですが、イートインの「カレ・ド・カネール」を注文してみました。

これが生八ツ橋?美しくて美味しい「nikiniki」の生八ツ橋
今回選んだのは、ピンク色が可愛い「ロゼ」。これに餡にはイートインでしか食べられないカスタードを合わせてみました。写真のように、イッタラの小さなお猪口に入れて出してくれます。

これが生八ツ橋?美しくて美味しい「nikiniki」の生八ツ橋
しっかりカスタードクリームが入っています。生八つ橋なので柔らかいので食べる時は、うまく持ち上げて口に持って行ってください。独特なニッキの香りはまさに生八つ橋そのものですが、カスタードクリームと合わせるというのが斬新! とても美味しくいただきました。

お持ち帰り用の「カレ・ド・カネール」をお家でいただく場合も、小さいお猪口に入れて食べていただくのがいいそうですよ。

これが生八ツ橋?美しくて美味しい「nikiniki」の生八ツ橋
他にも、こんな可愛らしい和菓子も売っています。「バル」はおまんじゅうなのだそう。こんなカラフルで可愛い饅頭をお土産でもらったら、嬉しくなっちゃいますね!

次はアートとも言える全く新しい「生八つ橋」をご紹介。

これが「生八つ橋」?可愛すぎる八つ橋アート

そして、「nikiniki」でもう一つ注目したいのが、生八つ橋で作った小さな置物みたいな生菓子。

これが生八ツ橋?美しくて美味しい「nikiniki」の生八ツ橋
こんな風に飾られていますが、これはすべて「生八つ橋」なんです! まるでアートですね。この時期は祇園祭のシーズンで、提灯や鉾など、祭りに関連するアイテムが並んでいました。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy