ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

超集中したいときに! どこにいても完璧なプライベート空間をつくり出すヘルメット「Helmfon」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「午後イチまでに企画書を仕上げて提出しなければいけない!」。そんなときに限って周囲の雑音や話し声が気になったり、今やらなくてもいい雑用を頼まれたりするもの。そんなこと今頼むんじゃないよ〜、ほかの人に頼んでくれよ〜、と心のなかで叫んでみるものの、社会は甘くない。

そんな思いをしがちなあなたにおすすめのデバイスがある。ウクライナのデザイン会社Hochu rayu design bureau社が開発中の「Helmfon(ヘルムフォン)」だ。

大きさもインパクトもモンスター級! ヘルメット型デバイス「Helmfon」


写真提供:Hochu rayu

一見、巨大なボウリング球のお化けのようだが、このデバイスは、ノイズキャンセリング機能付きの巨大なヘルメット型のデバイス。特殊な吸音システムにより外部の雑音を完全にシャットアウトして、快適な作業環境を提供してくれるという。「一度にふたつの場所にいる」というアイデアのもとつくられたそうで、オフィスにいながらにして完全なプライベート空間をつくり出すことができる。

外装はグラスファイバーとニトロ塗料、内装は発泡ポリエチレンでできており、最新のプロトタイプのサイズは、高さ41cm、幅47cm、直径44cm、重量は1.5kgと見た目よりは軽い印象。現在、製品用の超軽量の材料を検討しており、量産の際には半分くらいの重さにすることを目指しているという。

作業効率を上げる機能がふんだんに盛り込まれている


写真提供:Hochu rayu

このHelmfon、ただのノイズキャンセリングヘルメットと思ったら大間違い。プロジェクトに集中し、オフィスの雑音を遮断して生産性を向上させることを目標につくられたというだけあって、ノイズキャンセリング以外の機能の充実っぷりがハンパではないのだ。


写真提供:Hochu rayu

ヘルメットの内部にはシステムボード、カメラ、マイク、スピーカー、蓄電池、拡大鏡、スマホホルダーなどがフル装備され、Bluetooth接続により通話はもちろん、Skype、FaceTimeなどを使用したオンラインミーティング、チャット、音楽や動画の視聴が可能。さらに外部からのノイズの遮断だけでなく、内部からの音漏れも抑える構造となっていて、プライバシーやセキュリティ対策にも効果的だ。これはもはや頭上オフィス。あだ名を付けるなら“仮オフィスのヘルメッティ”である。

かぶっているだけでオフィス・SNSでの人気者に?


写真提供:Hochu rayu

Helmfonは、オフィスを楽しく見せてくれるようにカラーバリエーションやバラエティも豊富に揃えている。ポップな4色展開のほか、さまざまなキャラクターデザインにカスタマイズできるオプションも提供予定とのこと。開発中のため具体的な価格等は不明だが、すでにアメリカの複数の企業からオファーがあるそうなので、商品化も近いだろう。


写真提供:Hochu rayu

実用性、機能性抜群のこのヘルメットをかぶれば、仕事が捗ること必至だが、いちばん効果が期待できるのは、かぶった時点で「今話しかけないでくれオーラ」を周囲360°にアピールできることかもしれない。


写真提供:Hochu rayu

関連記事リンク(外部サイト)

愛すべき昭和家電を、「マイクロボットプッシュ」で“スマート家電化”してみる実験
触ってよし! 撫でてよし! 触覚を再現するVRコントローラーが登場!!
【世界のドローン69】ニューヨーク市公式認定。真紅の消防ドローンがかっこよすぎる!

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。