ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【独占記事】ロン・ハワード監督の娘ブライス・ハワード、映画『Sorta Like a Rock Star’(原題)』で監督デビューへ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


ブライス・ダラス・ハワードがマシュー・クイックの著書『Sorta Like a Rock Star(原題)』を原作とする映画の監督デビューに取り組んでいると、複数の情報筋が本誌ヴァラエティに語った。

ハワードはいくつかの短編映画や、リリー・コリンズが主演したパンクバンドM-80のミュージック・ビデオを監督しているが、本作が彼女の長編デビューとなるだろう。

本作はまだ企画の初期段階にあり、配給会社は決定していないが、このまま進行すればハワードが監督することになるだろうと情報筋が明かしている。

オリジナルは米FOX・サーチライト・ピクチャーズが準備している。楽観主義の高校生、アンバー・アップルトンが、高校最後の年に自宅での口論の末に母親のスクールバスで内緒に生活する姿を追う。

ゴッサム・グループのリー・ストールマンとエレン・ゴールドスミス=ヴァイン、そしてテンプル・ヒルのウィク・ゴッドフリーとマーティ・ボーウェンが製作を手掛ける予定だ。

オル・パーカーが直近の脚本のドラフトを執筆した。

ハワードの演技がよく知られる作品は、映画『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』や映画『ジュラシック・ワールド』だ。彼女の父親はロン・ハワード監督であり、父親と同じ道を歩むことに常に興味があったという。

彼女の最初の短編映画『When You Find Me(原題)』は、映像機器メーカーのキヤノンのプロジェクト『Project Imagin8tion initiative』の一部であり、ハワードの父親はそのスタートを手助けした。アカデミー賞にはノミネートされなかったが、そのジャンルにおいてアカデミー賞最終候補作リストに確かに載った。

彼女の他の短編作品には、『Claudia Lewis(原題)』、『The Hug(原題)』、『Solemates(原題)』がある。ハワードは、WMEとManagement 360と代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。