体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「お風呂ボート」に乗り込んで、オランダの運河をぬくぬくとゆく。

「お風呂ボート」に乗り込んで、オランダの運河をぬくぬくとゆく。

一見浸水しているように見えるけど、そうじゃない。これはオランダ生まれのお風呂ボート、その名も「HotTug」。お風呂に浸かりながら運河を進み、街を観光できるというものなんだとか。

開発者曰く、

これはボート以上の存在だよ!湯船をお湯で満たすと、もはや自分と運河の間にはボートの縁だけになって、周りの景色と自分が一体化したような感覚になれるんだ。

とのこと。次世代観光ツールとしてメキメキ頭角を現しているらしい。

ドリンク片手にゆるりと進む
優雅な新発想

「お風呂ボート」に乗り込んで、オランダの運河をぬくぬくとゆく。Photo by HotTug

数人で脚をのばしても余裕のある船内では、水面の高さが内と外であまり変わらず、目線的にはまさに「運河との一体化」。でも水温は運河と違い、薪ストーブによって約38度に保たれているので快適だ。

電動なので、せっせと手で漕ぐ必要はナシ。飲み物も持ち込み可能。

実際に使うと、こんな感じ
 

「お風呂ボート」に乗り込んで、オランダの運河をぬくぬくとゆく。Photo by HotTug「お風呂ボート」に乗り込んで、オランダの運河をぬくぬくとゆく。Photo by HotTug

まさに納涼船ならぬ納暖船

雪積もる街角を悠々と進むその姿は、注目されても仕方ない(笑)。「お風呂ボート」に乗り込んで、オランダの運河をぬくぬくとゆく。Photo by HotTug「お風呂ボート」に乗り込んで、オランダの運河をぬくぬくとゆく。Photo by HotTug みんなでワイワイ入るのもまた一興。「お風呂ボート」に乗り込んで、オランダの運河をぬくぬくとゆく。Photo by HotTug
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。