体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まるでおとぎの世界!?美食×森ステイで優雅なひと時を♪【関西中国】

まるでおとぎの世界!?美食×森ステイで優雅なひと時を♪【関西中国】 但馬高原植物園

いよいよ待ちに待った夏の季節がやってきました。海もいいけれど、緑の木々に囲まれた山も外せないですよね。

そこで、今回はこの時期にぴったりの山の避暑地を厳選してご紹介します。

森の中を吹き抜ける爽やかな風を感じたり、のどかな景色が広がる高原でのんびり過ごしたりすれば、日頃の疲れも癒やされリフレッシュできるはず。

ぜひ参考にして、天気の良い週末は涼やかなグリーンシャワー注ぐ避暑地へのお出かけを楽しんでみてはいかがでしょう?

記事配信:じゃらんニュース

但馬高原植物園【兵庫県】

グリーンシャワーを浴びる美食×森ステイはいかが?

但馬高原植物園

県の天然記念物でもある大カツラ。高さ約38mの雄大な姿は圧巻

森の精霊に出会えそうな、千年水の湧く公園を散策。

標高約700mの但馬高原植物園は、緑薫る森の美しい光景と美食を楽しめるおすすめの避暑スポットです。なかでも樹齢1000年の大カツラ周辺は、冷涼な湧き水「千年水」が流れ、なんとも神秘的で心奪われます。

園内をゆっくり散策した後は、木々の中に設けられたツリーハウスで但馬牛のBBQを楽しみ、食後には千年水で淹れたコーヒーもぜひ。下界に下りたら源泉掛け流しの温泉でくつろぎ、道の駅ではご当地ソフトや地元グルメのお買いものをお楽しみください。

樹齢1000年の大カツラが瀞とろかわ川山から1日5000tもの湧き水を呼び寄せ、「水辺の小道」や「やわらが池」など美しい水辺風景を生み出す。春~秋に咲く可憐な花々も魅力で、7月にはカラーやアジサイ、オミナエシなどに出会える。但馬牛120g付のBコース (左)但馬牛と八鹿豚ミックスのCコース(右) 但馬牛120g付のBコース(左)但馬牛と八鹿豚ミックスのCコース(右)千年水コーヒー 450円

千年水コーヒー450円 但馬高原植物園

TEL/796-96-1187

住所/美方郡香美町村岡区和池709

営業時間/4月初旬~11月の9時~17時、レストラン「ヒュッテンブルネン」10時~17時(食事は11時~15時)

定休日/期間中なし

料金/入園料大人510円、高校生410円、小中学生100円、千年水コーヒー450円(アイスコーヒー480円)

アクセス/北近畿豊岡道八鹿氷ノ山ICより30分

駐車場/80台

「但馬高原植物園」の詳細はこちら

村岡温泉

源泉100%掛け流しの良泉質!

村岡温泉

湯船は大理石(女湯)。加水加温なしの源泉掛け流しが嬉しい

地元民に愛される、こぢんまりとした温泉。男女別の内湯があり、泉温41.6℃の弱アルカリ性単純温泉を贅沢に掛け流す。湯上りには和室の休憩所でゆるりと。 村岡温泉

TEL/0796-98-1512

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。