ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

出産2日後に夫が交通事故。「もしも…」の想像で改めて気づかされたこと by ぽんぽん

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

産後、初めての育児に四苦八苦しながらもなんとか赤ちゃんのお世話をこなしていました。 前回エピソード:私には何もかも恥ずかしい…。セレブ産院での優雅なディナーの落とし穴 by ぽんぽん

そして出産の翌々日…

f:id:akasuguedi:20170713054545p:plain f:id:akasuguedi:20170713054600p:plain

仕事に行っている夫から「事故った」との連絡が入りました。

元気な声で電話している時点で夫が無事であることは分かったはずですが、血の気が一気に引いて行くのを感じました。

f:id:akasuguedi:20170713054616p:plain

話を聞くと単独で起こした小さな事故で、怪我もありませんでした。車が動かなくなったためにレッカーが来るまでの空き時間に赤ちゃんと私の様子を知りたくて連絡したとのことでした。

f:id:akasuguedi:20170713054637p:plain

不安が一気に怒りに変わり、夫を怒鳴りつけて電話を切りました。

f:id:akasuguedi:20170713054700p:plain f:id:akasuguedi:20170713054715p:plain

もしも、夫に何かあったら…

私は生まれたばかりの赤ちゃんと2人きり。

仕事もない。

赤ちゃんを抱えて就職活動?

育児に行き詰まった時誰に相談すれば?

2度と夫と話ができないってどういう状態?

赤ちゃんは2日間しかパパに会えなかったことに?

いろんな「もしも」を想像してすごく怖くなりました。

f:id:akasuguedi:20170713054751p:plain

不安と安心と産後のホルモンとが入り混じり、涙が止まらなくなりました。

妊娠生活も順調で、無事に赤ちゃんを出産して、幸せを感じていても

ある日突然失ってしまうことがある。

この件を通じて、私自身も夫と子供のために元気でいないといけないと思いましたし、当たり前の毎日を大切に過ごさないといけないことに改めて気付きました。

f:id:akasuguedi:20170713054829p:plain

大泣きしているのを助産師さんに見られたため、産後の鬱になったのかと退院するまで気にかけてもらいました。。 ぽんぽんさんの人気エピソード:潰して無理やり口に突っ込む?丸見えなのに他のママと並んで搾乳!? 衝撃的だった初授乳 by ぽんぽん

f:id:akasuguedi:20170509102050p:plain

著者:ぽんぽん

年齢:30歳

子どもの年齢:1歳、3歳

妊娠・出産・育児にあれこれ理想を抱いていたが、なかなか思い通りにはいかず空回りしまくる日々。次男の出産を機に育児ブログを書き始める。日常の出来事や成長記録、悩みなどを老後に読み返して懐かしむために残しています。

ブログ:ぽんぽん子育て

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

「最悪の場合」の想像で夜も眠れない日々。どん底だった癌妊婦を救った、医師からの第一声 by ゆき
妊娠超初期の胃腸かぜ
心配性プレママ VS ベビちゃん

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。