体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

OKAMOTO’Sのアドレス帳Vol.20 Rei × オカモトコウキ

NeoL_Kouki_Rei._photography : Masakazu Yoshiba | edit : Ryoko Kuwahara

OKAMOTO’Sのメンバーが友人はもちろん、憧れのアーティストなどをゲストに迎える対談企画第20弾。今回はシンガー・ソングライター/ギタリストのReiが登場。ルーツも年代の近いオカモトコウキと、作曲作詞からアートワークをはじめとする自身や音楽の提示の仕方、はたまたふたりのコラボ曲の行方までを語った。

——おふたりは番組で共演もされていますが、顔を合わせる機会は多いんですか?

コウキ「同じ事務所なので、Reiちゃんがデビューした当初から知っていて。曲もよく聴いてますし、一緒にご飯にも行ったり」

Rei「火鍋に行きましたね。スタジオでセッションした後に」

コウキ「ふたりで曲を作ったんです。もう忘れちゃったけど、いい曲だった気がする(笑)」

Rei「気がする(笑)」

——それはプライベートで?

コウキ「はい。Reiちゃんがあまりにすごいから、どういうギターを弾くのか近くで見てみたいなと思って、セッションしつつ、曲作りをしようとスタジオに誘いました」

Rei「その後、なかなかタイミングが合わなくて仕上げられなかったんですよね」

コウキ「そう。それくらい長いお付き合いをさせていただいていますが、Reiちゃんにはいつも驚かされています。初めてプレイを見た時も衝撃を受けました。ギタリストとしてもそうだし、どんな経緯を辿ってこういうプレイをして、こういう曲を書くようになったんだろうって。あまりにも本物っぽかったというか。日本人が洋楽っぽいことをするとどうしても“真似してます”という印象になってしまうことが多いけど、Reiちゃんは身体に入ってる感じがする」

——確かに。無意識に内側から出てきているプレイに見えますが、こうしようと意識して弾くこともあるんですか?

Rei「演奏は100%意識的にやっています。無意識的に弾くと、抑揚のない感情が音に伴ってない演奏になってしまうので。同じ身体で同じものを聴いてきた私が奏でる以上、どうやっても統一性が出てくると思うんです。なので、そこは変わることを恐れずに色々やりたいなと思っています。そういう意味でOKAMOTO’Sも志的に近いものを感じていて、自分に近い音楽をベースにしているけど、“NEKO”ではヒップホップやラップを取り入れたり、好奇心旺盛にいろんな音楽要素やジャンルを入れていますよね」

コウキ「本当に志は近いと思います。ReiちゃんのCDを聴いていると、ブルーズっぽい格好いい音楽ももちろんたくさんあるんですけど、意外とオルタナティヴな曲もあったり、それこそデヴェンドラ・バンハートのようなフォーク・ソングも入っていて、色々なスタイルを持っている。ギターも素晴らしいけどソングライターとしても様々なことに挑戦している人だなと」

NeoL_Kouki_Rei_1_photography : Masakazu Yoshiba | edit : Ryoko Kuwahara

——ふたりで曲作りをしたときはセッションで合わせてくという感じでした?

Rei「ふたりで中途半端に作ってる曲を聴かせあったりしました。その中で、コウキくんがジャジーでボサノヴァっぽいコード進行の曲をAメロだけ作っていて、Bはどう展開しよう、メロはどうしようという発想だった気がします」

コウキ「そうだね。一緒にスタジオでセッションして、曲を作ってまた弾いてという手法で」

——なるほど。そのときは元となる曲があったわけですが、普段はどういう風に曲を作るんですか。

Rei「詞先の時もあれば、メロディーから出てくる時もありますが、ルーティンワークにしないようには心がけています。昔は歌詞から書くことが多かったんですけど、最近は詞先だとだとあまり歌詞とメロディ部分の交わり方がしっくりこないことがあって、同時に作ることが多いかな。バンドで曲を作るのはどんな感じなの?」

1 2 3 4次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。