ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ボリビアの治安は?物価は?ウユニ旅行の前に知っておきたい14のこと

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ボリビアの治安は?物価は?ウユニ旅行の前に知っておきたい14のこと

ボリビアといえば、ウユニ塩湖がシンボル的な観光スポットです。

日本ではテレビで放送されてから観光客が急激に増え、SNSで写真が投稿されることで、さらに広がりを見せています。そんなボリビアの旅行前に知りたい基本情報をチェックしましょう。

*編集部追記
2015年11月5日に公開された記事に、追記しました。
2016年5月に更新された記事に、新たに情報を追記しました。
 

基本情報

photo by pixta

ボリビアはペルーなどに代表される治安の悪い南米の中では、そこまで治安が悪い訳ではありません。

しかし、日本と比べると被害に合うケースや確率は高く、荷物や夜の外出など、気をつける必要があります。また、制服を着たニセの警官にも気を付けましょう。
おすすめの記事はこちらです
世界遺産5カ所を誇る!ボリビア観光に役立つサイト7選
ウユニは世界遺産ではない!? 天空の国「ボリビア」の世界遺産7カ所を全て紹介
【卒業旅行はボリビアへ】ウユニ塩湖に学生のうちに行くべき4つの理由

 

ビザ

日本国籍であれば、無料で30日間ビザ無しで滞在が可能。延長申請も90日まで無料で行うことができます。申請は、各入国管理事務所にて手続きが可能です。
 

スケジュール

ウユニ塩湖だけの観光であれば、移動も合わせて2〜3日の日程で十分。その他にスクレの街やラパスと呼ばれる街を訪れるなど、アレンジする旅行が一般的です。
おすすめの記事はこちらです
これで完全攻略!ウユニ塩湖の気になる情報をまとめました
【鏡張りだけじゃない】乾期のウユニ塩湖も絶景!
【大公開!】ウユニ塩湖写真集の表紙撮影者が撮った雨季&乾季の厳選写真12選

 

物価

Nana Hatakeyamaさん(@nanamo_0920)がシェアした投稿 – 2017 7月 14 6:23午後 PDT

ボリビアは物価は安く、200円ほどで定食が食べられます。
また、ペットボトルのミネラルウォーターが高く、その変わりに袋に入った500mlの水が10円程度で手に入ります。同じように、レモン水なども袋入り売られています。
 

治安

ウユニ塩湖は観光客も多く、治安の不安はそこまで感じませんがボリビア旅行自体は充分に注意を払ったほうがよいでしょう。

強盗や傷害事件なども起こっているので、夜間は外出しない、信頼できるタクシー会社をあらかじめ調べておく、少し料金の高い夜行バスを選ぶ、人通りの多いところを歩くなど自分の身を守れる注意はしておこう。
 

服装

ボリビアは標高が高いところを移動することが多いので、昼間と夜の温度差に対応できる服装が必要です。Tシャツをベースに、体温調節ができる重ね着ができる服を持参するようにしましょう。
 

持ち物

防水のウィンドブレーカーや、防水のシューズなど、ウユニ塩湖へ訪れる際の防水対策が必要です。また、日差しが強い場合もあるので、日焼け止めクリームやサングラスもあると役立ちます。
おすすめの記事はこちらです
ウユニに行くなら知っておきたい!本当は怖い高山病の知識と対策とは?
辛すぎた…世界一の絶景、ウユニ塩湖で高山病になり後悔した5つのこと
【保存版】奇跡の絶景・ウユニ塩湖で写真を撮るなら、持っていくべきアイテム15選

 

食べ物

Satoshi Kamouchiさん(@kamouchi0510)がシェアした投稿 – 2017 7月 17 8:00午前 PDT

チチカカ湖で取れた魚料理がボリビアの名物でもあります。

揚げ物料理が多く、チーズなどを揚げたパンのパステルもボリビア独特の料理です。豪快に肉を焼いた料理もたくさん見られます。

関連記事リンク(外部サイト)

世界が嫉妬する美しい髪色9選
【好評につき延長】TABIPPO主催のイベントに、限定10名様ご招待キャンペーン開催中!
アイスランドおすすめ観光スポット12選
ウユニ塩湖でインターンを募集中!絶景の地で働いてみませんか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。