体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

熟成ダレが決め手の絶品「ビビン麺」が食べれるお店

熟成ダレが決め手の絶品「ビビン麺」が食べれるお店
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「7-ELEVEN LUNCH HUNTER」。今週はビビン麺特集として、フードアナリストの金成姫さんにとっておきのお店を伺っています。7月31日(月)のオンエアでは、韓国料理「ハヌリ」渋谷店を紹介しました。

お店は食の安全を徹底しており、内装にも凝っています。韓国のデザイナーが手がけたデザインで、資材は韓国から輸入したそうです。

そんなハヌリからご紹介するのは、アラカルトランチメニューの「冷ビビンチョル麺定食」(850円)。メインのビビン冷麺に、手作りキムチ、市場直送のサラダ、ライス、スープ、フレッシュジュースが食べ飲み放題!

お店の方にタレについて伺うと「玉ねぎ、ニンジン、大根、梨、りんごをミキサーで回して、コチュジャンを合わせて1週間熟成させます。 玉ねぎのグルタミン酸と辛味成分は、炒めたり、熟成させると甘味成分に変わります。そこに、鰹節のイノシン酸を加えることで、相乗効果が生まれて旨味が強くなります。それが1週間の熟成の中で深みを増していくんです」と解説してくださいました。

そして、番組スタッフが実際にいただいたところ、「最初に甘みがきた後に、“ガツン!”と辛味がきます。そば粉を使ったコシのある細麺に、旨辛いタレがよく絡みます!」とのこと。本場の味というだけあってかなり辛いそうですが、お店の方の話では、酢、もしくは、辛くない水キムチのスープを加えると良いそうです。

ハヌリは渋谷店の他にも新宿と池袋にもお店がありますので、ぜひ、チェックして夏を乗り切ってください! 次回8月1日は冷麺メニューの代表格、ビビン麺と水冷麺を一緒に味わえる不思議な一皿を紹介します。放送は11時45分頃からです。どうぞ、お楽しみに!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会