体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【8/6まで】湖上に浮かぶ秘境駅「奥大井湖上駅」にある郵便局から、手紙を出してみた

旅人のなかには「旅先から、大切な人に手紙を書きたくなる」という方、いるのではないでしょうか。

異国の地から出す手紙って、普段は言えない感謝の気持ちを綴れちゃいますよね。わかります。

遠い場所から大切な人をわざわざ手紙を出すのって、ちょっとしたサプライズみたいでワクワクしますよね。わかります。

……でも社会人になったばかりで、海外旅行どころか手紙を書く心の余裕すらなくなってしまう人、いますよね。私です。

 

お久しぶりです、ミカエルです。社会人生活、頑張っております。が、すでに心の余裕がなさすぎるので、こんな場所に逃げてきました。

ここにいます。私のこと見えますか?

ここは、静岡県にある日本屈指の秘境駅「奥大井湖上駅」。どうやらこの場所に、8/6までの土日限定で期間限定の「絶景郵便局」が開設されたと聞きつけたので、現実逃避してきました。

 

湖上の秘境駅「奥大井湖上駅」って?

静岡の豊かな自然が生み出した美しい湖に、ぽかりと浮かぶ「奥大井湖上駅」。接岨湖(せっそこ)に突き出た岬に位置する、日本屈指の秘境駅です。

※模型みたいですけど、本物です。

この駅へ連れて行ってくれるのは、赤色のトロッコ列車が可愛い大井川鐵道井川線。通称「南アルプスあぷとライン」と呼ばれ、車窓からは川や渓谷といった美しい景色が絶え間なく続く”絶景列車”です。

「奥大井湖上駅」は、始発駅の千頭から電車に乗ること1時間ほど。決して短い時間ではありませんが、本当に見所満載の景色が続くので、写真におさめようと必死になっているうちに気づいたら着いています。

窓が開けっ放しのため虫がめっちゃ車内に入ってくるのは、豊かな自然に囲まれている証だと思って我慢しましょう。

 

ちなみに奥大井湖上駅以外の駅も秘境感たっぷりで、秘境駅好きとしては全部の魅力をお届けしたいところなのですが、今回は泣く泣く割愛します……

 

8/6までの土日限定!「絶景郵便局」が開設中

こちらが8/6までの土日限定で開設された郵便局。
1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。