体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

坂本龍一、「 async – 短編映画コンペティション」公式サイトで応募作品を公開

坂本龍一、「 async – 短編映画コンペティション」公式サイトで応募作品を公開

坂本龍一の新しいアルバム「async」のリリースにともない開催されている「async – 短編映画コンペティション」。本日より坂本龍一のオフィシャルサイトにて、これまでに応募されている作品が一覧で公開された。

「async – 短編映画コンペティション」は、8年ぶりのスタジオアルバムとなった「async」のライナーノートの中で「『架空のタルコフスキー映画のサウンドトラック』という、誰に言うわけでもないのに逡巡していたコンセプトのアルバムを作ろうと決心する。」と自身が語っているように“存在しない映画のサウンドトラック”として映像喚起力の強い音楽作品。そこで「async」からの楽曲を使った短編映画を募集しようという試みだ。

作品をジャッジするのは坂本龍一、タイ出身の映像作家・映画監督 アピチャッポン・ウィーラセタクンと視聴者。坂本龍一が選ぶ「async賞」の副賞には、受賞者の次作映画に坂本龍一が1曲書き下ろし提供する。「アピチャッポン・ウィーラセタクン賞」の副賞は、受賞者の次作映画のアドバイザーに就任するなど、夢のような副賞が待っている。

また、視聴者が選ぶ「オーディエンス賞」は、Vimeoにおける再生数と“Like(ハート)”の数で決定される。本日公開された、応募作品の一覧からぜひお気に入りの作品に“Like(ハート)”で投票できる。

応募期限は、2017年9月30日まで、受賞者は11月15日に発表。応募資格、賞についての詳細、作品の提出方法などはオフィシャルサイトにて。

「坂本龍一 | async短編映画コンペティション」オフィシャルサイト
http://sitesakamoto.com/contest/

坂本龍一Vimeoサイト
http://www.sitesakamoto.com/

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。