ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

THE ALFEEが横浜アリーナにて31回目の夏のイベントを慣行、通算ライブ本数は2639本と日本のバンドで最多記録更新

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
THE ALFEEが横浜アリーナにて31回目の夏のイベントを慣行、通算ライブ本数は2639本と日本のバンドで最多記録更新

今年デビュー43年目を迎えたTHE ALFEE。2017年7月29日・30日の2日間、神奈川・横浜アリーナで31st Summer Best Hit Alfee2017夏フェスタと題し夏イベントを敢行した。

1982年、埼玉・所沢航空記念公園でTHE ALFEE初の夏の野外イベント「ROCK’N’ ROLL FIGHTING NIGHT 悲しみをぶっとばせ!!」を開催し、この年から2006年の横浜赤レンガパーク特設会場で行った「YOKOHAMA STARSHIP」まで24年間毎年夏イベントを開催。その後3年のときを経て2009年夏のイベントを復活、今年の夏のイベントで足かけ35年で31回目の開催となる。

7月30日の公演をもって通算本数2639本という日本のバンドとしては最多となる記録を更新。完売となった本公演は2日間で述べ24,000人を動員しプラチナチケットとなった。

コンサートがスタートすると3人は天から舞い降りるかのように、ゴンドラでステージに登場。THE ALFEEの最新曲「あなたに贈る愛の歌」、名曲「星空のディスタンス」はもちろん、昨年デビューアルバムをリリースしたThe KanLeKeeZの楽曲も披露。今回はテレビもメンバー出演で話題になっているタマホームのテーマソングを披露し、観客は生のタマホームの演奏に歓喜に包まれた。

更にアンコールでは最年長バンドThe KanLeKeeZも登場し、グループサウンズでTHE ALFEEとは一味違ったステージで魅了し、さらに「SWEAT & TEARS」では観客の頭上から約2万個の風船がアリーナを埋めつくように降り、観客のボルテージは最大限に。12,000人全員でこぶしを高く振り上げ大合唱。

アンコールには「この夏はデビュー44年目に突入する夏です、膨大な時間が流れ、人も街も変わって行く中で唯一変わらないのはこの場所で3人で歌っていることです。ライブハウスのころから変わっていない。やり続ける意志、継続する力は変わり行く時代で3人で掴んだと思う。今日の日を遠い夏の忘れられない思い出としたい。30年後に会いましょう。アルフィーは永遠です」との高見沢の言葉に観客から盛大な拍手が送られた。

この後、高見沢俊彦のソロプロジェクトTakamiyのライブが9月2日・9月3日の2日間パシフィコ横浜で予定、更にTHE ALFEEの秋のツアースケジュールも発表されている。

撮影:HAJIME KAMIIISAKA

ツアー情報
THE ALFEE Best Hit Alfee 2017秋フェスタ
2017年10月5日(木)サンシティ越谷市民ホール
2017年10月7日(土)宇都宮市文化会館
2017年10月8日(日)静岡市民文化会館
2017年10月11日(水)市川市文化会館
2017年10月14日(土)神戸国際会館・こくさいホール
2017年10月15日(日)びわ湖ホール
2017年10月18日(水)相模女子大学グリーンホール
2017年10月28日(土)広島文化学園HBGホール
2017年10月29日(日)高知市文化プラザかるぽーと
2017年11月4日(土)東京国際フォーラム・ホールA
2017年11月18日(土)よこすか芸術劇場
2017年11月19日(日)まつもと市民芸術館
2017年11月23日(木・祝)桐生市市民文化会館シルクホール
2017年11月25日(土)鹿児島市民文化ホール第一
2017年11月26日(日)アルモニーサンク北九州ソレイユホール日(旧九州厚生年金会館)
2017年11月30日(木)大宮ソニックシティ
2017年12月2日(土)本多の森ホール[金沢]
2017年12月9日(土)名古屋国際会議場センチュリーホール
2017年12月10日(日)名古屋国際会議場センチュリーホール
2017年12月17日(日)東京エレクトロンホール宮城

Best Hit Alfee Final 2017 冬フェスタ
2017年12月23日(土・祝)日本武道館
2017年12月24日(日)日本武道館
2017年12月29日(金)大阪城ホール

関連リンク

THE ALFEE オフィシャルサイトhttp://www.alfee.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。