体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

築100年の日本家屋を使った、畳もある「スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」

築100年の日本家屋を使った「スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」
先月、京都の清水寺がある二寧坂に、今までとは全く違うコンセプトのスターバックスコーヒーがオープンしました。

世界遺産である清水寺は、毎日多くの国内外の観光客が集う場所。そんな歴史的な場所に、築100年を超える2階建ての伝統的な日本家屋を使った店舗がオープンし、ちょっとした話題になりました。

今回は、この新店舗「スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」に行ってきたので紹介をいたします。

こんなところに!京都に馴染みすぎた外観のスタバ

「スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」は、その名前の通り清水寺に向かう途中にある「二寧坂(にねんざか)」にあります。

ところが、その場所に行っても全く見つかりません・・・。何度も行ったり来たりしたところ、やっと見つけました!

築100年の日本家屋を使った「スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」
わかりますか? 右側の奥に、「スタバ」のマークがあることが。あそこが、京都二寧坂ヤサカ茶屋店なのです。

築100年の日本家屋を使った「スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」
この通り、ひっそりとスタバのセイレーンのマークが。これは遠くからでは全くわかりません。

築100年の日本家屋を使った「スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」
外観は完全に周辺になじんでおり、全く違和感を感じません。京都の風情そのままの、スターバックスに仕上がっていました。

早速、中に入ってみます。

築100年の日本家屋を使った「スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」
中に入ると、日本家屋らしく、奥に細長い作りになっています。入口を入ってすぐが注文カウンターに。ここで注文をします。

築100年の日本家屋を使った「スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」
店内は灯りを落としていて、落ち着いた雰囲気です。自然光がいい感じです。

築100年の日本家屋を使った「スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」
注文をした後は、スタッフの方に促されて建物の奥に向かって進みます。すると、広々とした部屋に到着。ここはドリンクがつくられる「エスプレッソバーカウンター」。

築100年の日本家屋を使った「スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」
入口で注文したドリンクは、別の部屋で作られサーブされるという仕組みです。ちょっと面白いですね。ちなみに、この京都二寧坂ヤサカ茶屋店は、一方通行になっていますので、要注意です。

築100年の日本家屋を使った「スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」
ドリンクをもらったら、2階へ進みます。1階にもイートインスペースはありますが、数が少ないので、2階に行く方がいいでしょう。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。