体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

皆川明、西沢立衞ら豪華クリエイターが参加する新ブランド「aemono」スタート

生活・趣味
aemono-exhibition_01

参加デザイナーによるギャラリートークも

2017年7月29日(土)から31日(月)までの3日間、東京・小石川のギャラリー「DESIGN小石川」にて、「aemono exhibition」が開催されています。

これまで特注家具の製作監理を行ってきた「SOLO(ソロ)」による新しいプロダクトブランド「aemono(アエモノ)」をお披露目する展示会です。aemonoでは「和え物」のように、デザイナーの自由な発想と魅力的な素材、さらに全国の作り手が、既存の役割を越え話合いを重ねて商品を生み出していきます。

会場には販売をスタートする、建築家・坂本一成氏デザインのベンチと、プロダクトデザイナー・真喜志奈美氏デザインのフリーボックス、そして家具デザイナー・藤森泰司氏デザインのテーブルの3アイテムを展示。また、現在開発中の照明とソファの試作品も合わせて紹介されます。

会期初日には、デザイナーの皆川明氏、建築家の西沢立衞氏を加えた5名の参加デザイナーが全員集合する、貴重なギャラリートーク(要予約)が開催されます。

豪華デザイナー陣による展示は3日限りです。お見逃しのないよう、会場に足を運んでください。

aemono-exhibition_02 真喜志奈美氏デザインのフリーボックス「A BOX」は深さが異なる3サイズ展開。素材は東京都檜原村の杉とサワラです。 aemono-exhibition_03 坂本一成氏デザインのベンチ「BENCH 2016」は、東工大蔵前会館の設計などに合わせて製作されたものを、時代性を踏まえてよりシンプルな作りに。 aemono-exhibition_04 藤森泰司氏がデザインした、廃棄物のパーティクルボードとメラミン化粧板のバッカー材を主役として使用したテーブル「OVERRIDE」。

aemono exhibition

会期:2017年7月29日(土)~31日(月) 10:00~18:00(29日は13:00~16:00)

1 2次のページ
TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会