体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

”子どもの成長”がテーマのプロダクト展「KODOMO CIBONE -S,M,L-」開催中

KODOMO-CIBONE_01

ワークショップも開催

2017年7月19日(水)から8月22日(火)まで、東京・青山の「CIBONE Aoyama(シボネ アオヤマ)」にて、「KODOMO CIBONE -S,M,L-」が開催されています。

昨年からスタートした企画の第2弾。この時期の草木のようにすくすくと成長する子ども、そしてお母さん、お父さん、それぞれが日々の暮らしの中で絆を太く育てて欲しいという願いから企画されました。

今回は「成長」を象徴する「S/M/L」をキーワードに選んだプロダクトが会場に並びます。子どもが心身ともに成長する楽しさを味わえるのはもちろんのこと、もっとも多感な時代に一緒に過ごし、成長を願ってくれた両親との思い出をそっと詰め込めるようなプロダクトばかりです。

シンプルな色面で描かれた3人の子どものビジュアルは、イギリス出身のアーティスト・Adrian Johnsonが本展のために描き下ろしたもの。本作品のポストカードとポスター(S, M, Lの3サイズ)も販売されるほか、展示に合わせて子どもと大人が一緒に楽しめるワークショップも開催されます。

夏休み期間中の開催です。お子さんと一緒にワークショップを楽しんだり、思い出に残るようなプロダクトを探したりしてみてください。

KODOMO-CIBONE_02 Studio ROOFの「Archiville」。価格:4500円(税抜)。 KODOMO-CIBONE_03 MATERIAの「BOTE 1/2/3」。価格:各6000円(税抜)。 KODOMO-CIBONE_04 左:MATERIAの「Rufo」。価格:各1万500円(税抜)。

右:elements optimalの「BALLOON MIRRORS S/L」。価格:S 1万2000円(税抜)、L 1万4000円(税抜)。

KODOMO-CIBONE_05 左:studio noteの「awaglass regular/mini」。価格:regular 5000円(税抜)、mini 3300円(税抜)。

右:Akihiro woodworksの「Chicchi」。価格:5000円(税抜)~。

KODOMO-CIBONE_06 elements optimalの「PEACOCK」。価格:8500円(税抜)。 KODOMO-CIBONE_07
1 2次のページ
TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。