ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【Interview】写真の売買で貧困を撲滅!越境型応援プラットフォーム「COW」の挑戦

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
開発途上国を中心に、世界の約7割を占めると言われているBOP層(Base of the Economic Pyramid)。年間所得は、3000ドル(約3万3000円)以下。世間一般で言うところの貧困層に、彼らも含まれているのだ。

先進国とは生活水準が異なるため、一概にBOP層イコール貧困と決めつけることはできない。しかし、所得アップによって、QOLが上がるのは確か。国民の生活向上は最終的に、国の経済成長へとつながっていく。

そこに着目したのが、昨年設立のカウ。社会貢献型ベンチャー企業として、世界40億人のBOP層の年間所得を、10%押し上げるサービスを開発。それが、今回ご紹介する「COW(カウ)」だ。

日常の何気ないひとコマや原風景を、売り手となるBOP層が撮影。撮影した画像を、先進国のユーザーが購入するというシステムだ。その金額を積み上げることで、富を再分配していくという。フェアトレードの概念にも通じる本サービス。代表取締役社長の大木 大地(おおき だいち)氏に、詳しい話を聞いた。

・インターネットの普及に着目したまったく新しい支援の形

Q1:まずは、このようなサービスを提供するに至ったきっかけから、お聞かせください。

これまでの仕事の中で、さまざまな情報に接する機会があり、目に留まった課題が、世界の所得格差の問題でした。最初のうちは、衣食に困っているのではないかという、比較的ステレオタイプな印象を持っていたのですが、実際調べてみると、その域から脱しつつある国や地域も多くあります。(中略)その一つが、初版展開国であるカンボジアです。

カンボジアは、内戦や地雷などネカティブなキーワードが先行しがちですが、年7%以上の経済成長率を誇る、ASEAN成長株の一つです。都市部ではモバイル通信の普及も著しく、ODAや円借款によるインフラ支援やNPO等の生活支援といった、これまでにはない新しい支援の形(私たちはこれを、“応援”と呼んでいます)が、手掛けられるのではないかと考えました。それが、アプリ提供のきっかけです。

Q2:サービス構築の過程で、最も苦労したのはどのようなところでしょうか。

越境型のサービスですので、ローカライズが必要になってきます。言語翻訳はもとより、展開国での法規制を調べたり、通信環境を把握したり、支払手段を確立したりするために、現地パートナーを探すところに、最も苦労しました。

初版展開国のカンボジアでは、幸いパートナーが見つかっている状態ですが、展開国を増やしていく中で、今後も大変なのが現地パートナーの問題だと思われます。

・SDGs採択の波に乗り、サービス拡充をめざす

Q3:世界から貧困層をなくすために、私たち先進国にできることはあるのでしょうか。また、何をしていけばいいのでしょうか。率直な意見をお願い致します。

難民の少女がツイートして、世界から注目を集めたことは、記憶に新しいと思います。このように、開発途上国や政治不安にある国々でも、インターネットの普及はかなり進んでいる状況です。

私のような駆け出しが申し上げることではないかもしれませんが、インターネットを介したコミュニケーションを、先進国間だけではなく、先進国と途上国の人たちの間で、もっと深めていくべきではないでしょうか。一人ひとりの顔が見えるようになれば、先進国に住む私たちの認識が変わり、新しい支援の動機づけになると思います。

Q4:これから「COW」をどのようなサービスに育てていくおつもりですか。未来の展望をお聞かせください。

2015年の国連総会で「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択され、日本を含め世界的に推進されています。私たちもこの方針に賛同し、この世界的な流れの中で、サービスを拡充していきたいと考えています。

私たちのサービスは、まだ内容も認知度も乏しいものです。だからこそ、これからも日々積み重ねていきながら、世界の人々に自然と使っていただけるようなものにしたい、と思っています。

プロモーション動画では、カンボジアの学生にサービスを使ってもらい、その感想を収録。ITを駆使した支援に、彼らも好感を示している。まずは、若年層から。最終的に、「COW」が世界へ広がっていくことを願う。(取材・文 乾 雅美)

COW

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。