ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

必見!いつかは立ち会う【遺品整理】知っておくべき買取事情もお届け

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ご家族・親戚を亡くしたとき。経験のある方でもない方でも、感情の整理をするだけで手一杯の方がほとんどではないでしょうか。しかし、お葬式の段取りや、その後の遺品整理などやるべきことは沢山あります。今回は、遺品整理にフォーカスを当て、買取はできるのか?という点も含めて、スムーズに事が運ぶようなお助けをしたいと思います。

遺品整理とは


遺産について

まず遺品を説明する前に、遺産のことを避けて通ることができません。遺産とは、故人が遺した不動産(宅地・建物・農地・店舗など)と動産(自動車・骨董品・宝石など)、現金・株券などがそれに当たります。そして住宅ローンなどの負債も遺産となり、相続されるものなのですが、こちらは民法上の規定があり本稿とはあまり関係がありませんので、説明は割愛します。

遺品とは

不動産・現金、有価証券など、明確に金銭的価値のあるものは法律に従って、遺族それぞれに分配されます。故人の遺書があれば原則としてそれに従うことになります。この分配される金銭的価値のあるものが遺産となります。遺品とは故人の遺したもののうち、遺産の範囲からもれるもの、金銭的価値がないものを指します。

形見分け

金銭的な価値があるか・ないかに関わらず、故人の思いが詰まった着物や家財、貴金属など売却したり処分することが惜しまれるものは、親族が取り決めて分配します。

遺品の整理


遺品整理業者

親族が逝去し、いざ故人の自宅や所有物を整理する、となった時に、大抵の方々は戸惑ってしまうのではないでしょうか。ここで、遺品整理を専門に取り扱っている業者に依頼することが多くなるかと思います。実はこの遺品整理業者というものが玉石混交で、遺品が実は売却益がつくものでもそのまま回収して、業者の利益としてしまうような業者や、作業が済んだのちに後日の「整理料金」としてお金を請求するような悪質な業者もいます。

遺品整理士認定協会

出典:一般社団法人 遺品整理士認定協会

有料業者を選ぶひとつの基準として、「遺品整理士認定協会」が認定する優良事業所を選ぶという方法があります。民間団体ではありますが、認定には一定の研修が必要で、2017年3月時点で641社の遺品整理団体が所属し、「遺品整理士」という資格は特許庁に登録されています。インターネットのホームページでは、登録業社はほとんどが加盟店であることを明記しています。

再び・遺品整理とは

故人の持ち物であった家財や骨董品や美術品など、金銭的な価値がないと思っていたものが思わぬ中古品価値があることがあります。優良な遺品整理業社であれば、その価値を見出して、買取してくれる場合があります。この場合買取で値段がつく時点で「遺品」は「遺産」になるわけですが、よほど高額でない限りは遺族間の話し合いで済んでしまうのではないでしょうか。思いがけぬほどの価値があった場合は、法律や遺書に従って分配しましょう。

以外と高値がついた!遺品の例

参考買取価格 43,000円
出典:着物買取プレミアム

こちらは着物専門の買取業社ですが、遺品の中に埋もれた価値があったケースです。

・Zippo D01 ジッポライター
参考買取価格 3,204円

出典:遺産整理プログレス

・ヨネザワ ブリキ レトロ車
参考買取価格 64,400円

出典:遺産整理プログレス

心がけたいこと


遺産整理はサービス業!

遺品整理というものは、基本的には業者にお金を払ってしてもらうものです。宗教・宗派にもよりますが、49日の法要を終えた後に遺品整理をすることが多いです。不動産賃貸などで料金が発生するものに関しては早めに着手する、というように全てを合理的に済ませるということは現実的には非常に難しいです。そこで、遺品整理業社の役割を明確にし、見落とした遺品を黙って持ち帰るような悪質な業社に騙されず、価値を見出して買取してもらうために今回の文章があります。

優良な業社を見極める

仮に値がつくのかどうか解らない着物やアンティークがあったとして、それを最高値で買取してもらうためにはそれぞれの買取ショップとの交渉を自分でする必要があります。遺産整理・遺品整理のときには非常に多忙になりますから、そのようなことは現実的ではありません。そこで、価値ある遺品をきちんと買取してくれる業社を選びましょう。ホームページでは買取する業社はその点を明確にしています。そして、先述した「遺品整理士認定協会」加盟の業社を選びましょう。

おすすめ遺品整理業社

遺品整理プログレス

出典:遺品整理プログレス

遺品整理プログレスは、先ほど買取情報でも触れました、全国に15の店舗を構える遺品整理業社です。一部離島を除き、365日全国対応しています。遺品整理プログレスは、価値のある遺品に対する対応が徹底しており、業者間オークションやネットオークションなどでの販路をしっかりと確保している買取に関して信頼のできる業社です。遺品に関する流れを明確にしており、遺品供養に対しても提携の僧侶を仲介してくれる徹底ぶりです。もちろん遺品整理士認定協会の認定業社です。

こころ屋

出典:こころ屋

こころ屋は都内東新小岩に拠点をもち、東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県エリアまでサービスを展開する遺品整理業社です。遺品買取に対しては、提携する買取業社がしっかりと査定・買取を行います。目安ではありあますが、【間取り1DK, 作業員2名, 処分量1t, 作用時間4時間】で76,500円と料金体系がクリアになっています。

さらにエアコンの取り外し・形見分け品の配送・家電リサイクルの引き取り、といったオプション料金がはっきりと明示されており、後日の追加料金の発生などの心配がありません。こころ屋も遺品整理士認定協会の認定業社です。

https://youtu.be/AZJMYEijWro

高く売るためには


自分で判断しない

主観ではまったく価値のないようなものでも、実は有名な作家の工芸品であったりする可能性はあります。自己判断するまえにしっかりと査定してもらいましょう。

優良な業社を選ぶ

葬儀や相続・遺品整理のときには非常に忙しくなり、すべてのことを完璧に処理することは難しくなります。遺品整理に関しては、まるごと信頼できる優良な業社を選びましょう。ぜひこの記事を参考にしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、遺品整理に関する手続きや情報、そして買取のお話をお届けして参りました。遺品整理をするという状況に出会うのも、人生ではそう多いことではないと思います。そのためにこの記事がお役に立つと幸いです。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。