ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

好きな車両を走らせられる店に、外国人観光客も注目!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

好きな車両を走らせられる店に、外国人観光客も注目!
J-WAVEで放送中の番組「SEASONS」(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー「MITSUI FUDOSAN COME ACROSS TOKYO」。7月29 日(土)のオンエアでは、鉄道模型を走らせることができる店「8bansen」を紹介しました。

「8bansen」では、お客さんが自分の好きな車両を持参して、自分の好きな路線を選び、席に座って、コントローラーで走らせることができます。「8bansen」のアンさんに話をお聞きしました。

アン:Nゲージは9路線があり、9席。HOゲージは6席があります。Nゲージは実車の150分の1の大きさで、HOゲージは80〜86分の1の大きさです。1時間1席で、それぞれ1000円、1200円のシステムです。
マリエ:どういったお客さんがいらっしゃいますか?
アン:鉄道模型ファンがほとんどですが、日本は鉄道の種類が豊富なので、台湾、香港、インドネシア、オーストラリアからのお客様も多くて、日本の車両は注目されています。

秋葉原というと、アイドル、アニメ、電気街というイメージかもしれませんが、鉄道模型のお店も20軒以上あるそうです。最初は、ワンフロアで鉄道模型屋を始めたそうですが、現在は、6階がジオラマ・模型工具のフロア、7階は車両のフロア、8階が体験スペースとなっています。体験スペースは、窓があって明るく、壁紙もレンガ調だったり、ポップな色が使われていて、女性も入りやすいオシャレな雰囲気です。レンタルロッカーもあり、車両を預けることもできます。手ぶらで遊びに来ることもできるというわけです。

「8bansen」 は体験型スペースなので、車両の貸し出しはありませんが、今回は特別に、山手線をお借りしました。コントローラーで進行方向を決め、 ダイヤルを回すと車両の中の電気がついて、走り出します。さらに、ジオラマを作っているツシマさんの指導のもと、実車の音が出る”サウンドBOX”を使って、よりリアルな走行を体験させていただきました。ホームドアの開閉時の音などを出すこともできます。初体験だったマリエは興奮!

さらに、6階にあるジオラマ用品、模型工具が販売されている専門店に向かいました。こちらは模型工具が充実しています。アンさんによると、ピンセットだけでも80〜100くらいはあるそうです!「自分で模型を触られる方は、工具にこだわる方が多いですね」とのこと。お店では、鉄道模型の事を考えた、オリジナルの塗料も販売しているそうです。

「8bansen」のコンセプトは“秋葉原に大人の秘密基地”ということもあり、18歳以上でないと利用することができません。ただし、現在は夏休み突入ということで、7月18日(火)〜9月29日(金)までの平日限定で中学生、高校生も、学生証を提示すると、利用することができるそうなので、ぜひチェックしてみてください♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SEASONS」
放送日時:毎週土曜 12時−15時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/seasons/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。