ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

海外フェスの最先端テクノロジーをお届け!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

海外フェスの最先端テクノロジーをお届け!
J-WAVEで放送中の番組「MUSIC HUB」(ナビゲーター:小袋成彬)。7月28日(金)のオンエアでは、小袋が最近行った、海外のフェスについて話しました。

最近、ヨーロッパに行くことがあり、ロンドンで、ある音楽フェスを見たそう。「フェスの名前は忘れた」とのことですが(笑)、Sampha、Jamie XX、Frank Oceanなどのアーティストを見ることができたそうです。

「向こうの人は背がみんな高いから見えないんですよ(笑)。近くに行けば行くほど見えないからすごい辛かった」という苦労もあったそうですが、小袋はFrank Oceanのステージを見ることが念願だったそうで、そのステージについて詳しく話してくれていました。

ギター2人と、マニピュレーター(打ち込みサウンドなどを機材で流したり音源周りの整理担当)兼キーボーディストと、Frank Ocean本人の4人編成で、アナログ風のVJもキレイだったとのこと。

小袋が驚いたのは「サラウンド」について。まず、Frank Oceanはステージから少しせり出た場所で歌っていたとのこと。そして通常のフェスは、ステージの左右に大きなスピーカーが設置されておりステレオで音楽が流れますが、せり出たFrank Oceanのステージを囲うように、6カ所スピーカーがあるという変わった配置だったそうで…

「彼のコーラスとかがうねっと頭の後ろをぐるっと回るんですよ。だからそのスピーカーの中にいないとそれは味わえないんですよ。だから遠くにいる人は何が起こっているかわからないんだけど、彼の近くにいる人だけはサラウンドを味わえるっていうね。最先端っていうか、こういうのできるんだな」(小袋)

と、とても感心したそうです。

しかしFrank Oceanのステージは21時頃だったこともあり、周りの観客が酔っ払って騒いでいたため集中して聴くことができなかったことが心残りだったそう…。海外のフェスはパーティーのような感じで、音楽も聴いてはいるものの、お酒を飲むことが目的の人が多く、日本の感覚で行くと文化の違いに戸惑うこともあるのだとか。小袋の個人的な見解としてですが「日本のフェスが一番いいよ!」とリスナーに伝えていました(笑)。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「MUSIC HUB」
放送日時:毎週金曜 23時−23時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc0/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。