ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

寝る前編んでおく、なんちゃってパーマはホントに使えるのか?美容師が実際に試してみた♪

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
寝る前編んでおく、なんちゃってパーマはホントに使えるのか?美容師が実際に試してみた♪

やってみた人も多い?いわゆる”貧乏パーマ”、プロ目線から見ると……?

寝る前編んでおく、なんちゃってパーマはホントに使えるのか?美容師が実際に試してみた♪

「寝る前に編み込みをして寝ると、翌朝パーマスタイルが手に入るらしいよ」
昔から都市伝説のように語り継がれてます。俗に”貧乏パーマ”なんて呼ばれたりもしますよね。では、その実際は?
試してみた方も多いでしょうし、僕自身お客様の髪で見たことがあります。

サロンでは、お客様に強くご提案することはまず無いであろうこの手法。セルフアレンジのならではのアイデアですね。
今回はプロ目線で実証し、スタイルとして成立させるためのアドバイスをまとめてみました。

3つの編みパターンで徹底検証!パーマがきれいにできる編み方は?

3つの編みパターンで徹底検証!パーマがきれいにできる編み方は?

今回は、左側と後ろと右側でそれぞれ違う編み方に変えてみました。
左側:三つ編み込み
後ろ:広めに取った三つ編み込み
右側:フィッシュボーン

髪の毛はタオルドライして、少し湿った状態から編んでます。
濡れた髪の毛はとてもデリケート。編む前の流さないトリートメントは忘れずに!枕にも吸水性の良い柔らかめのタオルを巻いておきましょう。後は寝るだけです。おやすみなさい。

翌朝、ほぐしてみると……

翌朝、ほぐしてみると……

おはようございます。
ヘアゴムを外したら、優しく毛先からほぐしましょう。さあ、どうなったでしょうか?

左側:持ちが良く、ウェーブに立体感がある仕上がりに。
後ろ:左側に比べてナチュラルなウェーブ感。ウェーブがゆるいため、持ちはあまりよくなさそう。
右側:細かいウェーブがよく言えばカジュアル、悪く言えば寝ぐせ……な仕上がり。

左側の三つ編み込みで編んだ毛束が、いちばん仕上がりが良さそうに見えます。

やるときの注意点と、やっただけで終わらせないコツ

やるときの注意点と、やっただけで終わらせないコツ

・髪を編み終わったら、動かしながらドライヤーを当てて渇きムラを無くしましょう。
先ほども言いましたが、濡れた髪の毛はとてもデリケート。ムラができないようにしっかり乾かしましょう。

・仕上がりを確認する前に、ヘアスプレーなどを使わないこと。
ここ、大事なポイントです!しっかりキープしたい気持ちは分かりますが、ほぐしにくくするだけでなく髪のダメージにも繋がります。

・最後の仕上げに、毛先だけコテで巻きましょう。
スタイルにまとまりを与え、パサついて見えません。

それでは最後に、今回の検証のまとめです!

<検証結果>
*あまり複雑に編むと、ウェーブが細かすぎて仕上がりが良くない。
*大きめに編んで作ると、ウェーブが弱く取れやすい。
*毛先をワンカールするだけで、スタイルにまとまりができる。

美容師/福原慶之(intim hair)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。