ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

飲んで、描いて、旅をして。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
飲んで、描いて、旅をして。

もともと絵を描くことが好きだったというBerk Armaganさん。カフェでくつろいでいた時に友達に頼まれたのがきっかけで、紙コップを「キャンバス」代わりにしはじめました。1つの絵にかける時間は、30分の時もあれば5時間かかることも。今では旅をしながら道端でカップを売り、資金を集めています。

「紙コップマネー」の力を借りてこれまで訪れた国の数は17カ国35都市。紙コップと有名観光地のコラボレーション、意外にしっくりくるんです。飲んで、描いて、旅をして。 イタリア・ローマ飲んで、描いて、旅をして。 オランダ・アムステルダム飲んで、描いて、旅をして。 ドイツ・ベルリン飲んで、描いて、旅をして。 ノルウェー・ベルゲン飲んで、描いて、旅をして。 ポーランド・クラクフ飲んで、描いて、旅をして。 ドイツ・ケルン飲んで、描いて、旅をして。 フランス・パリ飲んで、描いて、旅をして。 デンマーク・コペンハーゲン飲んで、描いて、旅をして。 セルビア・ベオグラード飲んで、描いて、旅をして。

オーストリア・ウィーンLicensed material used with permission by Berk Armagan

関連記事リンク(外部サイト)

「観光客」と「旅人」の違いを描いた14枚のイラスト
「旅人」と「観光客」の違い(イラスト10枚)
「写真は恥ずかしいけれど、旅の思い出は残したい」。その解決策がコチラ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。