ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

エンタメ番組の放送作家がトランプのツイートに「リプしまくる」理由

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
エンタメ番組の放送作家がトランプのツイートに「リプしまくる」理由

ソーシャルメディアの楽しいところは、著名人であれ、同じ目線でコミュニケーションできてしまうところ。彼らの情報や宣伝をいち早く知れることもあれば、オフタイムショットに日常をチラ見したような気にもなれたり。まさに友人のように、それがOne Wayの気にならないからこその親近感がSNSの大きな魅力。

私のようにただ眺めて楽しむ人もいれば、こんな方法で著名人にアプローチを続ける人もいます。

良くも悪くもお騒がせなツイートを連投するドナルド・トランプ大統領。そのツイートに対して、あたかも友人のようにリプしまくる人物が、最近ツイッターユーザー界隈で話題になっているんです。

トランプに“リプる”この人、
トモダチなの?

どういうことかと言うと…

7月22日のツイート

トランプ(以下T):「ショーン・スパイサーはとても素晴らしいヤツなのに、“フェイク・ニュース”の暴挙によって被害者になってしまった。それでも彼の未来は明るい」 

ジョッシュ(以下J):「友達が離れて行ってしまう…悲しいね」

または…

7月25日のツイート

T:「今夜はオハイオ州へ。多くの人が集まってくれると期待している。会場で会おう!」  

J:「あー悪い!予定あって行けないわ。今度埋め合わせ、な?」

そのオハイオ州での公演を終えた感想を投稿した7月26日のツイートに対しても…

T:「オハイオの聴衆は素晴らしかったよ。ありがとう。本当に信じられないような夜だった」 

J:「で、一泊してくるの?それとも今夜帰ってくる?」

個人的には、これがいちばんニヤけてしまいました(↓)。

7月19日

T:「これから共和党上院議員たちとホワイトハウスでランチだ。医療保険について話し合う。彼らはアメリカ(国民)への約束を守らなければならない」 

J:「いいじゃん。俺はパスタでも作ろっかな」

Proud to unveil my new, incredibly stupid project: Responding To Trump Tweets Like They Were Texts pic.twitter.com/UUz6AY87iQ— Josh Patten (@thejoshpatten) 2017年7月16日

と、まあこんな感じに、トランプ大統領の話し相手になったつもりでリプをしているのはジョッシュ・パッテンさん。7月の中頃から突如、それも一方的に始めたそうですが、彼はこれをプロジェクトだと称しています。

なんのため?そもそも、ジョッシュさん、あんたナニモノ?

政治的批判なのか?
ただの“おふざけ”なのか?

実はジョッシュさん、アメリカで40年以上続くバラエティ番組の「サタデー・ナイト・ライブ」の放送作家として活躍している人物。コント、風刺パロディ、即興劇など、エンタメを追求する長寿番組を支えているのが彼。

このトランプ大統領へのリプも、ジョッシュさんにしてみれば、オープンな共有の場を利用して自分のユーモアの発揮どころを模索する、新しい表現方法なのかもしれない。なんて深読みしたくなります。

なにが面白いって、個人の思想や、政治的意見を表明しているわけでなく、友人や家族たちに連絡を取るのと同じように大統領とコミュニケーションを成立させている点。あくまで一方的ですけどね。

他愛のない彼のリプは「お疲れ!」だったり、「いいジャケットだったよ」だったり、「残念だったな…」など、トランプ大統領のツイートに対しての純粋な共感や、感想を返信しているに過ぎないのです。まあ蛇足ですけど、返事はたったの一度もありません(笑)。

それでも、ジョッシュさんが続けるこのプロジェクトには、どんな意図があるのでしょうか?エンタメ番組の放送作家がトランプのツイートに「リプしまくる」理由

大統領がツイートするだけで大きなニュースになり、これに反トランプの人たちが速攻でツイッターで反論を返信する。これがいまのアメリカの現状。

お互いに一方的な意見をぶつけ合っているように映るリプ欄でのやり取り。はたして、これが本当に建設的な議論の場として成り立っているんでしょうか?

ジョッシュさんのリプを改めて見てみると、読み方によっては、現在の政権に対して好意的にも読めるし、揶揄しているようにも読めます。どこまで本気か分からない彼の”演出”に翻弄されるトランプ派も、反トランプ派も、そしてノンポリ派も、彼のリプ欄には登場します。むしろ、ジョッシュさんはトランプ大統領ではなく、不毛な議論をツイッター上でしているユーザーたちを試しているのかもしれません。Reference:Josh Patten

関連記事リンク(外部サイト)

Twitterで政府と市民が意見交換!とあるスペインの町長の取り組みがすごい…
トランプ大統領が主張する「壁建設」も、これなら納得?
トランプ大統領特集号のトリック広告(ドイツ紙)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。