体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

上司の「ダメ出し」にどう向き合えばいい?

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第25回目は「ダメ出しばかりする上司との付き合い方」についてです。

f:id:fujimine:20170728111942j:plain

私が会社員だった30代のころに、ダメ出しをしないと気が済まない上司がいました。

「社内の売上を上げるためにこんな案を考えてきました!どうですか?」

「どれどれ、うーん・・・」

そんな沈黙のあと、たった一言。

「なんか違うんだよな」

「そうですか・・・では、どこをどう、直せばいいですか?」

「それは自分で考えろ」……。

当時の私は、途方にくれることもありました。

皆さんも、一度は経験したことがあるかもしれませんが、ダメなところを細かく指摘するわけではなく、「なんか違うんだよな」など抽象的にダメ出しする人がいます。

考え抜いて提案しても「なんとなく違うからやり直し」と言われ、どこをどう直すのか、時には困ることもありますよね。

そんなときはどうしたらいいのか、傾向と対策をご紹介します。

上司のタイプを見極める

心理学者ミラーの提唱した概念で、人が情報を知覚する際の情報の「まとまり」「かたまり」をさす“チャンク”という考え方をもとに上司のタイプをご説明します。

人の物事の捉え方には、「スモールチャンク型」と「ビッグチャンク型」、両方が組み合わさった「混合型」の3タイプがあります。

(1)「木ばかり見て森が見えていないタイプ」(スモールチャンク型)

詳細を突き詰めるのが「スモールチャンク型」です。

このタイプは、他の人が気づかないような物事の詳細な面が見えます。

大雑把なタイプには、あら捜しをしているようにしか思えないでしょうが、細かい改善点を発見できるのが大きな才能です。

ただし、焦点を絞りすぎるために、全体のことが見えなくなってしまう傾向があり、「木を見て森を見ず」となりがちです。

(2)「森ばかり見て木が見えないタイプ」(ビッグチャンク型)

物事を全体的に大きく捉えるのが「ビッグチャンク型」です。

全体を見るのが得意で、抽象的な言葉が多いです。

方向性などの大まかなことを考えるのは得意ですが、具体性に欠ける傾向にあります。

(3)「森を見て、木も見るタイプ」(混合型)

「スモールチャンク型」と「ビッグチャンク型」の両方をあわせ持つタイプを、「混合型」といいます。

全体的な部分を見ることができて、細かなことにも目が行き届く、まさに目指すべきタイプです。混合型の人は、多角的な視点を持っており、とても能力が高いです。

しかし、この混合型が上司になった場合、「森を見て、木も見る」という両方の能力を求められるので、部下にも結果として高いレベルが求められることになります。

上司が理由も言わずに提案を突き返す理由とは?

上司のチャンクタイプを説明してきましたが、どういう場合に抽象的なダメ出しをされてしまうのでしょうか。

「上司が理由も言わずに提案を突き返してきた」こういう場合は、部下が全体を見ていない「スモールチャンク型」か、詳細がすっかり抜け落ちている「ビッグチャンク型」のどちらかの可能性が高いです。

部下が「スモールチャンク型」なら、「ビッグチャンク型」の上司にとってはまるで全体が見えていないように感じてしまいます。

部下が「ビッグチャンク型」だと、「スモールチャンク型」の上司にとっては、ザルのように詳細が抜け落ちているように感じます。

つまり一方の視点が欠けていることで、上司は部下のアイディアに対し、「まだ検討する段階にもなっていない」と感じてしまう。その結果、納得することがないため、「理由も言わずに提案を突き返す」ことになるのです。

それは、上司と部下の「チャンク型」(「ビッグチャンク型」「スモールチャンク型」)の組み合わせが、同型より異なるほうが、提案にズレを感じやすくなりますが、もし同型であっても程度の違いから、同じように抽象的なダメ出しになってしまう可能性はあるでしょう。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。