ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

料理の画像をもとに材料とレシピを予測する人工知能「Pic2Recipe!」をMITが開発

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

料理をワンショット撮影するだけで、材料はもとより、レシピまでわかってしまう。

そんな魔法のような人工知能が、米マサチューセッツ工科大学(MIT)で開発された。

・料理の画像をもとにそのレシピを自動予測

MITコンピュータ科学・人工知能研究所(CSAIL)の研究チームは、2017年7月、料理の画像1枚をもとに、その材料とレシピを予測する人工知能「Pic2Recipe!」を開発した。

研究チームでは、大手レシピ投稿サイトの「Food.com」および「AllRecipes」に投稿されている約103万件のレシピと料理の画像88万7,700枚を収集し、補足情報とともにデータベース化。

これを使って、人工ニューラルネットワーク(人工神経回路網)に“学習”させたところ、65%の確率で、レシピを正しく特定できるようになったという。

「Pic2Recipe!」と同様の研究事例としては、2014年にスイスの研究チームが、「Food-101」と呼ばれる独自のデータベースをもとにアルゴリズムを開発しているが、予測精度は50%にとどまっており、「Pic2Recipe!」のほうが精度が高い。

・組立マニュアルなど、他の分野の“レシピ”にも応用!?

「Pic2Recipe!」は、現在、ウェブサイトで一般公開されており、誰でも、料理の画像をアップロードし、「Pic2Recipe!」にその材料やレシピの予測させてみることが可能。

「Pic2Recipe!」のような人工知能の仕組みは、料理だけでなく、組立マニュアルや工業プロセスなど、他の分野の“レシピ”への応用も期待されている。

Pic2Recipe!

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。