体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この夏、列車「を」旅しよう

この夏、列車「を」旅しよう

思えば、JR八戸線のレストラン列車「TOHOKU EMOTION」もそうだし、カンヌライオンズ2015で金賞をとった「行くぜ、東北。」のプロモーションを見ていても思う。鉄道に乗ることはもはや、ただの交通手段ではない。それが旅のメイン、あるいは行程の一部として十分な魅力を発揮している時代だ。

観光列車、という旅の選択

今は全国各地、さまざまなタイプの観光列車が走っている。アートがテーマの列車、スイーツを堪能できる列車、とにかくラグジュアリーな列車など多種多様だが、私はまず、京都丹後鉄道をおすすめしたいと思う。なぜなら、観光列車の基本も醍醐味もすべて詰め込まれているし、いろんな旅行客のニーズに応えてくれるからだ。

観光列車の基本は
「デザイン」

内容もさることながら、まず注目すべきは車両デザインだと思う。普段乗っている電車とは全然違う、一歩足を踏み入れた時の「うわぁ!」という、あの感じ。

京都丹後鉄道の観光列車をデザインしているのは、新幹線「つばめ」特急「かもめ」、そして、日本初のクルーズトレインななつ星 in 九州などのデザインで知られる水戸岡鋭治

車内は、日本海の白砂青松を象徴する「松」をテーマにデザインされていて、明るい天然木と丹後の素材がふんだんに使われている。このきちんと作り込まれている感。観光列車には欠かせない感動だ。この夏、列車「を」旅しよう

観光列車の醍醐味は
「食」

この夏、列車「を」旅しよう

やはりこれ、と思う人も多いだろう。

京都丹後鉄道の観光列車は、3パターンに分かれている。そのうちのひとつ、レストラン列車「丹後くろまつ号」は、歴史と食を楽しめる列車だ。

宮津の料亭「ふみや」が手掛ける「ランチコース~雅(みやび)~」では明智光秀の三女、細川ガラシャが食べていた料理を現代風にアレンジした「細川御膳」が出てくる。食器も細川家の家紋を入れたものを使っていて、その抜かりなさが素晴らしいと思う。この夏、列車「を」旅しよう 天橋立宮津ロイヤルホテルの日本料理レストラン「松橋」が手掛ける「ランチコース~楽~」では、丹後産赤米などを使った本格ホテルランチ食べることができる。また、観光スポット「豪商稲葉本家」に立ち寄り、名物のぼたもちのお土産も。この夏、列車「を」旅しよう
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会