ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ナンセンスを計測!? 明和電機と無印良品のコラボ展示

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ナンセンスを計測!? 明和電機と無印良品のコラボ展示
J-WAVEの番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。7月27日(木)のオンエアでは、アートユニット明和電機の代表取締役社長、土佐信道さんをゲストにお迎えしました。

明和電機は93年に活動をスタート。独自で楽器を作り音楽活動や舞台パフォーマンスなど幅広い分野で活躍されています。もともと兄弟で活動されていましたが、お兄さんの正道さんは2000年に35歳で定年退職(笑)。現在は弟の信道さんお一人で活動中です。

土佐さんは自ら開発された楽器を“ナンセンスマシーン”と呼んでいます。「役に立たない機械を作り続けている」と自ら言う土佐さんですが、もちろん土佐さん自身が、“自分が欲しいもの、自分が面白いと思うものを作る”というこだわりをもって作っています。

そんな土佐さんは、現在、有楽町の無地良品内にあるATELIER MUJIにて、展覧会「無印良品と明和電機をくらべた展 ナンセンス計測のこころみ」を開催しているのだとか。

無地良品は“コモンセンス”、明和電機は“ナンセンス”。この2つを比べようというコンセプトだそうで、「自分で(自分の作品を)ナンセンスって言ってるんですけど、『どんだけナンセンス?』って言われても、困っちゃうんですよ。でも“無印良品という基準”があれば測れるんじゃないかと思いまして」と土佐さん。

具体的には明和電機の代表作に魚の骨を模した、とても使い勝手の悪い(笑)、延長コードがあるのですが、それを無印良品の延長コードと並べて展示することで、どれだけナンセンスかがわかるという見せ方をしているそう。

展示の中には、比較できないものもあると言います。例えば「オタマトーン」という楽器があるのですが、無印良品には楽器の商品がありません。「でも今回、どうしても比べたかったので、“自分がもし無印良品だったら”ということで楽器を作りました」と、なんと今回のためだけに楽器を作ったのだとか! 本の形をした“文庫楽器”というもので、見た目は本棚にしまうと文庫本にしか見えないそうですが…ぜひ会場でどんな音が出るのか確かめてください!

その他“ナンセンス発想シート”というものも。土佐さんにはモノを考える時のメソッドがあるそうなのですが、それを体験できるワークショップシートとのこと。こちらも体験したい方は会場で配布されているので、ゲットしてください!

「無印良品と明和電機をくらべた展 ナンセンス計測のこころみ」は8月27日(日)まで開催。興味のある方はぜひぜひ会場へ。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。