ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

クレーンゲームで化石が発掘出来る!化石キャッチャー復活

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

クレーンゲーム設置台数がギネス世界記録に認定されている『世界一のゲームセンター エブリデイ行田店』(埼玉県行田市下忍644-1)に、夏休みの自由研究に発展しそうな本物の化石が景品になった『帰ってきた化石キャッチャー』が登場しています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

帰ってきたという名前通り、1年前に登場した『化石キャッチャー』のバージョンアップ復活版なのです。
前回人気だった恐竜やアンモナイト、古代鮫、三葉虫などの化石はそのまま、新マンモスの牙が追加されました。さらに最古の化石は17億年前のものがあるんです。

今回ゲット出来る化石は全部で15種類、またクレーンゲームの方法も本当に化石を発掘しているようなドキドキした気分が味わえるよう、砂の中に埋められた化石の入ったパッケージをアームで引き上げる取り方になっています。勿論化石は鑑定済みで、パッケージにはつり上げやすいように紐がついています。


そしてパッケージが名称入りのクリアケースへと変更になりました。クリアケースに入ると部屋の中にコレクションとして保管していくのにも最適ですね。
昨年は本物の化石がゲットできるということで大好評のうちに完売してしまっているので、夏休みの課題に使いたい人や化石が好きな人は急いでチェックしてみてください。










(天汐香弓 / 画像提供・株式会社東洋)

関連記事リンク(外部サイト)

『殺戮の天使』アニメ化。原作者「とてつもない驚きと同時に、喜びを感じています」
レスポートサックと任天堂がコラボ 超キュートなマリオのバッグ類登場
『刀剣乱舞』刀剣男士5振りイメージの本革製チョーカー登場

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。