体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アガハリ氏がイラスト担当のフリゲRPG『ふうらい奇譚―太陽の霊廟―』公開 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題はフリーゲームのRPGやADVの公開、夏コミ作品の体験版やPVの公開など7本です。

ミナプラス、フリゲ探索RPG『ふうらい奇譚―太陽の霊廟―』公開
furai-1 furai-2 furai-3 furai-4 furai-5

フリーゲーム制作サークルミナプラスは26日、探索RPG『ふうらい奇譚―太陽の霊廟―』を公開した。ブラウザゲームの配信サイトAndAppにてプレイ可能。同サークルの前作であるRPG『リベロアストーリア』やStudio 4Dの戦略SLG+RTS『LostTechnology』のイラストを担当したアガハリ氏が制作・イラストを担当している。

主人公の青年フェイとその妹、母、祖父という、冒険者業をしている家族が古代の遺跡に挑むというストーリーで、探索を進めていく中でさまざまな出会いや出来事が描かれる。公称プレイ時間は10~15時間程度。

オリエンタルな雰囲気をもつキャラクターグラフィックや、水彩調の1枚絵によるマップ、墨絵調の敵グラフィック、イベントシーンに用意されたスチル画像など、美麗なアートワークが目を惹く作品。兄さん大好きっ子の妹や若々しくてノリのよい母など仲の良い家族の息の合った掛け合いも見どころで、戦闘時や一部シナリオなど、ボイスによる演出もキャラクターの魅力を引き立てている。

フリゲADV『メサイアの樹』公開
the-tree-of-messiah-1 the-tree-of-messiah-2

ハネダ氏作のADV『メサイアの樹』が23日、フリーゲームとして公開された。

不思議な樹が生えている部屋で過ごしていく作品。オリジナルのグラフィックによる横スクロールのマップや、台詞を使わずに進行する作りが特徴となっている。公称プレイ時間は30分程度。

未来彗星、ビジュアルノベル『うたかたの輪廻』体験版公開
utakatano-rinne-1 utakatano-rinne-2

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。